カシュクール

出典: ファッション用語集 | アパレルウェブ

バレリーナの練習着のニットをルーツとするデザイン。前身頃を着物のように掛け合わせてウエストで細いひもで巻き付けるデザインが特徴。

最近ではニットだけではなく、ブラウスやブルゾンなどにも“打ち合わせ”のデザインが登場しており、カシュクールは単にニットのアイテム名を超えてデザイン特徴を指し示す言葉になっている。