アパレル 求人 情報

 

アパレル業界の求人・転職・アルバイト情報などアパレル業界への就職情報を掲載

Follow apparelweb on Twitteryoutube apparelwebfacebook pparelweb
アパレル・ファッション業界の情報ポータル
アパレル業界職種説明
デザイナー
アパレルメーカーにおいて、花形となる職業はやはりクリエイティブな才能が 必要とされるデザイナーでしょう。

デザイナーは文字通り、服のデザインを行う職種です。しかし、単に服のデザインだけではなく、テキスタイル、パターン、縫製面、スタイリングなどの知識を持ち合わせていなければなりません。

デザイナーと言ってもデザイナーズブランドに代表されるデザイナーと、メーカーに属する専属の企業デザイナーとに分かれます。独創性を売りに自分の個性を強く押し出すのが、デザイナーズブランドのデザイナーと言えましょう。自分の名前をブランド名にしていることが多く、個人レベルから世界レベルに達する人までビジネスの幅が広いのも特徴です。
一方メーカーに属する企業デザイナーは自社ブランドのコンセプトをベースにしながら、トレンド性、売れ筋、シーズン性、顧客ニーズ、プライスラインといった要素を巧みにミックスしたデザインを特徴とします。

特に、マーチャンダイザー(MD)との取り組みを密に図ることで、より市場ニーズに沿った商品を提案します。デザイナーはまずベースになるデザイン画の作成を行います。次にデザイン画をもとに、パタンナーを介してパターン作成を行います、そしていよいよサンプルの作成に取りかかります。

一連の流れの間に、デザイナーは修正、改良といった手入れを何度となく加え、ブランドコンセプトや最初にイメージした商品へと仕上げていきます。
ページトップへ