Vol.10 ファッションブランド Pinterest 使い方事例(1/2) | ファッション×ITコラム | アパレルウェブ

アパレル・ファッション業界の情報ポータル
LISA
Vol.10 ファッションブランド Pinterest 使い方事例(1/2)
2012.05.10 Vol.10 >>バックナンバー
このエントリーをはてなブックマークに追加

FASHION × ITのVol.03では、“新星SNS「Pinterest」に、はまりますか?”というコラムを書きましたが、これを読んでPinterestを始めた方は居ますか?

女性を中心にユーザーが多いと言われるPinterest(ピンタレスト)。
“女性が集まる”
“女性がはまる”

これだけでもPinterestは、ファッションブランドやリテールに最適なツールと言っても良いでしょう。

ただそう言われても登録はしてみたもののビジネスにどう活かせるのかぼんやりとしている企業や、“やる意味あるの?”なんて遠目で様子を見ている方もまだまだ多いのが現実。

Pinterestは写真を中心に集めたいわばオンラインカタログの様な物。
ビジュアルで魅力的と感じる商品の写真を目にすれば、その詳細情報をチェックしたくなるのが人間の本能。少なくともその写真を見たことでそのブランドがどんな商品を今展開しているのか知ってもらえるきっかけにはなるはず。

今回のコラムでは、最近目にしたPinterestのサービスを積極的に活用している米国のファッションブランドの事例を3つほどあげてみたいと思います。

【Pinterestを活用した コンテスト事例】
kate spade new york | ケイト スペード
http://pinterest.com/katespadeny/


http://www.katepade.com/blog

4月19日から2週間にわたり開催されたコンテスト “ride colofully" 。
ケイトス ペードのコレクションの中に"Florence Broadhurst Bon Shopper"という色鮮やかなかわいい柄のバッグがあるのですが、そのプリント柄はオーストラリアの人気アーティスト、フローレンス・ブロードハーストがケイト スペードのために手がけたもの。
そのフローレンスのポップな柄のヴェスパ lx-50をインスピレーションにピンボードを作成するコンテストをケイト スペードはPinterestを活用して開催。

ボードを作成したらコンテストに応募するページがあり、集まった応募の中よりケイトスペードのスタッフが4名の優秀なボード作成者にそのかわいいヴェスパをプレゼント。

応募数に関しては今の時点では不明ですが、ケイトスペードが作成した「rinde colofully」のボードには60,000名以上の人がフォロー。ブランド認知という意味ではそれだけでも凄い効果ですよね。
しかもこのコンテストに関しては、ハッシュタグ #ridecolorfully , #katespadeny , #vespa が活用され、ツイッター上でも活発な動きが見られました。

前へ | 1 | 2 | 次へ
>>バックナンバー
プロフィール

R I N A (ニューヨーク在住)
90年代の米国がネットバブルだった頃に米国にて日本向けのファッションポータル事業にコンサルタントとして関わる。
以降、「ファッション」と「インターネット」上で行われるビジネスを中心とした事業に15年ほど携わり、Web製作やディレクション、ビジネスのコンサルタントを行う。現在は米国のファッション事情やトレンド、ファッションとIT関連を中心とした執筆、今までの経験と知識を活かしビジネスサポートも行っている。

● APPAREL WEBコラム 連載「Fashion x IT」 http://www.apparel-web.com/column/
● NY情報&トレンド ブログ「NY MIX」 http://www.apalog.com/rina/
● FASHION + IT ブログ「GRILLED NEWS」 http://grillednews.com/
● お仕事のご依頼
取材/記事執筆、マーケティングリサーチ、コンサルティング、その他お問い合わせ、ご相談はこちらから。
【PC】メールマガジン登録
アパレル業界No.1の情報源!VMD・ブランディングなど専門的な情報をお届け。
>> メルマガ登録はこちら!