Vol.33 オンラインとオフラインが融合:ケイトスペード サタデー 24HRS ウィンドウショップ | ファッション×ITコラム | アパレルウェブ

アパレル・ファッション業界の情報ポータル
LISA
Vol.33 オンラインとオフラインが融合:ケイトスペード サタデー 24HRS ウィンドウショップ
2013.06.18 Vol.33 >>バックナンバー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Kate Spade Saturday (ケイトスペード サタデー)と言えば、日本先行で立ち上がったKate Spade New York(ケイトスペード)のシスターブランド。日本では表参道にある路面店やルミネ新宿などにもショップがあり、米国ではオンラインのみで販売されている。

米国のSaturday.comではリアルの店舗がないだけに送料無料で気にせず気軽にオーダー、気に入らなければこれまた気軽に無料で返品も出来るようになっている。それだけでも買う側にとっては嬉しいサービスだが、今月に入りケイトスペード サタデーはeBayのサポートを受け、新たなお買い物体験を試みた。

ブランド発祥地であるNY、マンハッタンの4カ所(ソーホー、ローワーイーストサイド、フラットアイアン、ミートパッキング)に突如現れたケイトスペード サタデーのポップアップショップ。ポップアップショップと言っても店員が居るわけでもなければ、商品を手に取って見ることが出来る訳でもない。
Kate Spade Sataurday 24-hour window shop(ケイトスペード サタデー 24HRS ウィンドウショップ)」では、キュレートされた商品がディスプレイされ、そこに大きなタッチパネルが設置されているウィンドウショップなのだ。

なんだかオフラインなのだけどオンラインなこのショップ。

このサービスの特徴は24時間営業のウィンドウショップで、6月8日から7月7日の1ヶ月の間ニューヨーク限定で、最短で “1時間後にデリバリー(配達)”がウリだ。

試しに向かった日は平日のランチタイム。
お買い物の手順は至って簡単だった。

設置されたタッチパネルではiPadで画面をスワイプする感覚で商品を閲覧することが出来る。
Saturday.comで取り扱っている全ての商品が買える訳ではなく、キュレートされたバッグや靴、洋服に雑貨類30品ほどから選択することが出来た。購入したい商品が決まったら画面をタッチして選択、オンラインショッピング同様にショッピングカートに入れます。

お買い物を完了するにはその後の手順で自分の携帯の番号を入力します。すると直ぐに携帯電話にケイトスペード サタデーよりメッセージが届き、そこに記されたリンクにアクセスするとこの特別なショップの決済画面が開きます。その画面で注文した商品を確認し、配達先の住所や連絡先、そして配達の希望日時が選択できるようになっている。

さて決済はいつするのか?

道のど真ん中でクレジットカード情報をタッチパネルに入力するわけにもいきませんし、タッチパネルにクレジットカードをかざして感知するようでもなく、商品を届けてくれるメッセンジャーが来た際に支払うようになっていた。

私は注文から1時間後ではなく、その日の用事を済ませた夕方に配達を予約した。指定した時刻より5分ほど遅れたが無事メッセンジャーのお兄さんが黄色いケイトスペード サタデーのバッグを持って到着。


nymix instagram

支払いの手続きにはiPadにPayPalのモバイルカードリーダーを付け、クレジットカードの支払い手続きを完了。レシートはEメールか携帯へ送付する2択が用意されていた。

実際サービスを体験してみて感じたポイントは、
・インタラクティブな「楽しいさ」:タッチパネル
・配達の「スピード感」:メッセンジャー(無料)
・サタデーズスタッフによる配達:特別感
・決済方法の「安心感」:PayPalモバイルカードリーダー

ケイトスペード サタデーのユニフォームを纏ったメッセンジャーが配達してくれるというところは、店員の接客に近いものを感じさせてくれた。また配達予定の数時間前にはリマインドするメッセージを携帯電話に送るなどカスタマーサービスもしっかりしていた。 この Kate Spade Sataurday 24-hour window shop は、オフライン(店舗)とオンライン(Eコマース)両方の良さがうまく融合した新たなお買い物体験と言って良いでしょう。

>>WEB戦略コンサルティング、WEBプロモーション | apparel-marketing.com
>>バックナンバー

プロフィール

R I N A (ニューヨーク在住)
90年代の米国がネットバブルだった頃に米国にて日本向けのファッションポータル事業にコンサルタントとして関わる。
以降、「ファッション」と「インターネット」上で行われるビジネスを中心とした事業に15年ほど携わり、Web製作やディレクション、ビジネスのコンサルタントを行う。現在は米国のファッション事情やトレンド、ファッションとIT関連を中心とした執筆、今までの経験と知識を活かしビジネスサポートも行っている。

● APPAREL WEBコラム 連載「Fashion x IT」 http://www.apparel-web.com/column/
● NY情報&トレンド ブログ「NY MIX」 http://www.apalog.com/rina/
● FASHION + IT ブログ「GRILLED NEWS」 http://grillednews.com/
● お仕事のご依頼
取材/記事執筆、マーケティングリサーチ、コンサルティング、その他お問い合わせ、ご相談はこちらから。
【PC】メールマガジン登録
アパレル業界No.1の情報源!VMD・ブランディングなど専門的な情報をお届け。
>> メルマガ登録はこちら!