山中健のミラノ&パリ メンズ展示会レポート | アパレルウェブ

Follow apparelweb on Twitteryoutube apparelwebfacebook pparelweb
アパレル・ファッション業界の情報ポータル
山中健のミラノ&パリ メンズ展示会レポート WHITE HOMME
Report
ミラノ&パリ メンズ展示会レポート WHITE HOMME(ホワイト・オム)   >> 特集バックナンバー

WHITE HOMMEがメンズファッションウィークと同時期の6月20日から22日に、ミラノで開かれました。イタリアのメンズの展示会といえば、ピッティウォモが有名ですが、このWHITE HOMMEはそのコンパクトさ、ミラノという立地条件、そして自由に見て回れるようなブース設計が好評で、注目を集めています。出展ブランドは、100ブランドでどれもベターグレード以上ものです。来場客も、イタリアを中心に高級セレクトショップなどが中心です。

今回は、日本ブランドと特別招待されたブランドを中心に紹介いたします。


会場の様子
◆ KURO (クロ)   http://www.kurodenim.com/
2010年春夏にスタートした新しいブランドですが、早くも国内外の有名セレクトショップで人気を集めているジーンズブランドです。スキニージーンズが人気商品で、定番のインディゴの他、ホワイト、ブラックを展開しており、価格は\13,000〜¥27,000(税抜き)が中心。メンズ・レディスともに展開。
日本のクラフトマンシップと、クリエーションを両立させたラインナップが特徴です。
◆ YOSHI FUNABASHI (ヨシ・フナバシ)   http://www.yoshifunabashi.it/index.shtml
ミラノを拠点に活躍している日本人デザイナーのブランドです。「ジャケットを着る」という人物像、ライフスタイルにこだわり、「大人のカジュアル」を提案。イタリア、パリ、日本の有力セレクトショップでも展開されています。
今シーズンは、19世紀のフランスの詩人「アルチュール・ランボー」をコンセプトに、インディゴ、ベージュ、グレーといったベーシックカラーに、ミリタリーグリーン、こげ茶を差し込んで展開。製品低温洗い染め、麻素材を基本としています。また、希少な高級素材「ビキューナ」を使用したジャケットも提案しています。
◆ MAKIN JAN MA (マーキン・ヤン・マ)   http://makinjanma.com/
ロンドンを拠点に活躍している香港出身デザイナーのブランドです。独創的なデザインが特徴で、今シーズンは、「強さ」と「繊細さ」の両立をコンセプトとして提案しています。今シーズンのアイコンである「月面」を使用した商品も展開し、独特な印象を醸し出しています。
◆ DRUMOHR (ドルモア)   http://www.drumohr.it
世界最古のニットブランドとして知られ、日本でも有力セレクトショップで展開。スコットランドで創業、現在はイタリアに生産を移していますが、ニットの仕上げに最高とされるスコットランドの水を今も使用。製品カテゴリーは、カシミヤ、ウール、コットンであり、どの製品も糸づくりからこだわって生産しています。
<<前へ | WHITE HOMME | TORANOI MAN | 次へ>>
山中 健 (やまなか たける)
ブログ : MD WATCHING
コラム : 山中健のWorld Report ワールドワイドな視点で、注目すべきマーケット、現象、ビジネスモデルを解説。