JFW-IFF 2010年1月展 レポート | アパレルウェブ

Follow apparelweb on Twitteryoutube apparelwebfacebook pparelweb
アパレル・ファッション業界の情報ポータル
JFW IFF 2010年1月展レポート
Report
IFF 2010年1月展>> 特集バックナンバー

毎年、年始の恒例となっているIFFですが、今年も多くの人々が新しい出会いを求めてやってきています。最大規模の展示会に人が集まる理由は、去年と違う「何か」を求めてやってくるからではないでしょうか。そこで今回は、IFF 2010年1月展の新しい顔でもある、新規出展のブランドを中心にご紹介します!

◆ HEAVEN and Earth

09系アイテムの中でも、オトナの色を濃く持つセクシー系ブランド。
ブースの中は初出展とは思えない賑わいを持っていたのが印象的でした。
数ある109系ブランドの中でも、ブランド感と109のトレンド的要素をバランス良く持った数少ないブランドではないでしょうか。


  ◆ aug

ナチュラル系、森ガールなどその匂いのするものは、ここ最近の展示会では数多くみられますが、急にナチュラル系ブースの中に現れる自転車の車輪に目が奪われました。ギリシャのサントリーニ島をイメージしたというブースには、一見ナチュラル系と自転車!?と目を疑う組み合わせが、案外自然にマッチしていて面白いです。既成概念にとらわれないコンセプトを持ったaugはナチュラル系ブランドにとどまらない感じがしました。

◆ フラットヘッド

岡山工場での生産、ミシンはユニオンスペシャルを使用。と、国産のデニムブランドでは高水準のオリジナルジーンズ。 創業以来、アメカジ、デニムへのこだわりを持ち、ステッチの選び方、オリジナルのボタン、ベルトループの色落ちにまでこだわった、正統派デニム好きがうなるデニムブランドを見つけました。色落ちサンプルもあるので是非みてください!!

  ◆ curin

ターゲットはナチュラル志向の強い20代の女性。
ヨガに向かうカバンにもちょっと変わったおしゃれを。という提案をしていました。
このブランドで面白いのは、風呂敷がバッグになっているというところ、大きな柄が目を引きます。

◆ starstar

何といってもデザイン、柄が個性的。自社に生産体制を持っているため、遊び心のある柄が多く、このブランドの商品が並ぶ店舗に行ったお客さんは、単純に「楽しい」と思うのではないでしょうか。

  ◆ Amaort

「アマート」このブランド名は実は「雨音」からきたもので、デザインレザーブーツの国内ブランドです。メンズの展開もあり、見た目も凹凸のあるレインブーツらしからぬデザインになっています。これからもっと面白い展開を考えているということで、気になります…。

◆ IMEX INDUSTRIAL LTD.

香港から出展の、おしゃれ什器メーカーです。
紙で作ったトルソーなど、かなりデザインのレベルは高いと思います。オーダーも直接メールを頂ければOK!とのことでした。個人的にもお勧めのブースです。