ストアキャスト | STORE CAST | アパレルウェブ

Follow apparelweb on Twitteryoutube apparelwebfacebook pparelweb
アパレル・ファッション業界の情報ポータル
STORE CAST バックナンバー このエントリーをはてなブックマークに追加

     
  11.12.15 up 
Vol.30 バーグドルフ グッドマン メンズ(Bergdorf Goodman Men's)

2011年のホリデーウィンドウのテーマは、『 Carnival of Animal Holiday Windows 』。カーニバルや動物をモチーフにしたバーグドルフが得意とするラグジュアリーなファンタジーの世界。
     
  11.11.29 up 
Vol.29 GAGA'S WORKSHOP (レディ・ガガ ワークショップ)

2011年のBarneys New York(バーニーズ ニューヨーク)のホリデーキャンペーン「Barneys New York GAGA'S WORKSHOP」。レディ ガガが描くサンタのワークショップを実現。
     
  11.11.14 up 
Vol.28 ヘンリ ベンデル(Henri Bendel)

ミッドタウンで一足先にホリデーウィンドウをお披露目したのはトレンドを押さえたアクセサリーを中心に展開する、スペシャリティストアの『HENRI BENDEL(ヘンリ ベンデル)』。
     
  11.11.02 up 
Vol.27 ユニクロ ニューヨーク 34丁目店(旗艦店)(2/2)

オープニング前日に、メディア対象の内覧会に参加してきました。世界中にオープンされたユニクロ フラッグシップ ストアの良いとこ取りといった感じです。
     
  11.10.25 up 
Vol.26 ユニクロ ニューヨーク 34丁目店(旗艦店)(1/2)

世界で2番目の大きさとなる1,300坪クラスのメガストア「ユニクロ ニューヨーク 34丁目店(旗艦店)」がオー プン。
     
  11.10.20 up 
Vol.25 Saks Fifth Avenue(サックス フィフス アヴェニュー)

今アメリカのマーケットでは再び「Made to Measure(メイド トゥー メジャー/オーダーメイド)」が注目を浴びているという。
     
  11.10.06 up 
Vol.24 Milly (ミリー)

鮮やかなカラーが特徴で、レトロな雰囲気のプリントの中にも新鮮さや上品さが感じられるのはミッシェル・スミスならでは。
     
  11.09.22 up 
Vol.23 FASHION'S NIGHT OUT 2011(ファッションズ ナイト アウト 2011)

発起人でもある米VOGUE誌の編集長、アナ・ウィンターを中心に、ニューヨークの街全体を巻き込んだナイト・ショッピングのイベントも今年で3回目。
     
  11.09.08 up 
Vol.22 Flatiron District (2)(フラットアイアン地区)

Vol.21に引き続きフラットアイアン地区第2弾。この地区は、「衣」・「食」・「住」の全てがお互いに良い影響を与え合いながら、エリア全域を活性化しているような気がしてなりません。
     
  11.08.25 up 
Vol.21 Flatiron District (1)(フラットアイアン地区)

Vol.13でも紹介したフラットアイアン地区。その更なる変化を2回に分けてお伝えします。今回はこの地区に新たにオープンするショップを紹介。
     
  11.08.11 up 
Vol.20 ブルーミングデールズ(bloomingdale’s)

話題のブランドもしっかり取り扱われていて立地条件も抜群なデパート「bloomingdale’s(ブルーミングデールズ)」。ウィンドウは、6色のカラーをテーマに今直ぐワードローブに取り入れたいバッグを紹介。
     
  11.07.28 up 
Vol.19 クルーカット(crewcuts)

今回ストアキャストで取り上げたストアはJ.Crewのキッズウェアコレクションの「crewcuts(クルーカット)」。”ラグジュアリーカジュアル”という新たなジャンルのディスプレイは。
     
  11.07.14 up 
Vol.18 エルメス(Hermès)

このところ凝りに凝ったバーグドルフ グッドマンのウィンドウを観すぎていたのか、今回のエルメスのウィンドウはとてもクラッシックで、そのシンプルさに惹かれました。
     
  11.06.30 up 
Vol.17 バーグドルフ グッドマン(Bergdorf Goodman)

NYストアキャストでお馴染みの高級百貨店「バーグドルフ グッドマン」。6月下旬現在のウィンドウはファッションとふたりのアーティストとのコラボレーション。
     
  11.06.16 up
Vol.16 SOHO(ソーホー)

最近SOHOにストアをオープンした有名ブランドというと、Prince street & Greene streetの角地に、ラルフ ローレンが地上1階、地下1階のストアをオープン。
     
  11.06.02 up
Vol.15 CHANEL(シャネル)

パールの使い方に注目!バーグドルフグッドマンでしか見れないシャネルのショップ・イン・ショップは必見!
     
  11.05.19 up
Vol.14 Alexander McQueen(アレキサンダー マックイーン)

「バーグドルフ グッドマン」と「バーニーズ ニューヨーク」では、アレキサンダー マックイーンをテーマにウィンドウディスプレイを行った。
     
  11.05.06 up
Vol.13 Flatiron District(フラットアイアン地区)

最近マンハッタンにはミッドタウンやSOHOなどの他にも急速に変化を遂げている注目のエリアがあります。それは「フラットアイアン(Flatiron)」。
     
  11.04.21 up
Vol.12 Louis Vuitton(ルイ ヴィトン)

1930年代のアールデコの雰囲気をコンテンポラリーに、そしてラグジュアリーさも兼ね備えた外観が一際印象的なのが、マンハッタンの5番街にあるルイ ヴィトンのメゾン。
     
  11.04.07 up
Vol.11 Bergdorf Goodman(バーグドルフ グッドマン メンズストア)

今回取り上げた「Bergdorf Goodman(バーグドルフ グッドマン)」の メンズ館は、ウィメンズ館の向かいの5番街の58丁目の角に位置しています。
     
  11.03.24 up
Vol.10 Brooks Brothers(ブルックス ブラザーズ)

Brooks Brothers(ブルックス ブラザーズ)と言えば、昨年までミッドタウンの5番街と53丁目の角に大きなストアを構えていました。
     
  11.03.03 up
Vol.09 Bleecker street(ブリーカーストリート)

今回はウェストヴィレッジのブリーカーストリートをストアキャスト!日本でもお馴染みの有名ブランドが集まるストリートです。
     
  11.02.17 up
Vol.08 BARNEYS NEW YORK(バーニーズニューヨーク)

ラグジュアリーでありがならいち早く旬のデザイナーのセレクションも見せてくれるのが、BARNEYS NEW YORK(バーニーズニューヨーク)。
     
  11.02.03 up 
Vol.07 BERGDORF GOODMAN (バーグドルフ グッドマン)

ミッドタウンのアップルストアの斜め前にそびえ立つ高級デパートのBergdorf Goodman(バーグドルフグッドマン)。こちらのディスプレイは、大きく3つに分かれていています。 5番街側はストアのメインディスプレイ。
     
  11.01.20 up
Vol.06 Kate Spade (ケイト・スペード)

日本でも百貨店の多くに取り扱いのあるニューヨーク発のハンドバッグブランド「Kate Spade」。1993年にニューヨークを拠点としてハンドバッグブランドの会社「Kate Spade Handbag」としてKate Spadeと Andy Spadeの夫婦によって誕生。
     
  11.01.06 up
Vol.05 Saks Fifth Avenue(サックスフィフスアヴェニュー)

5番街にあるサックスフィフスアヴェニューのウィンドウ。これからが冬本番のニューヨークとだけあってメンズ、レディースのウィンドウ共にオシャレさを忘れない防寒対策のコーディネイト。
     
  10.12.16 up
Vol.04 anthropology(アンソロポロジー)

ウィンドウのディスプレイ作りでいつもクリエイティブなウィンドウ作りをするのが、もうすぐ日本にも上陸がされると囁かれている「anthropologie(アンソロポロジー)」。
     
  10.12.16 up
Vol.03 BARNEYS NEW YORK (バーニーズニューヨーク)

2010年のBARNEYS NEW YORK(バーニーズニューヨーク)のホリディウィンドウのテーマは、「Have a Foodie Holiday」。
     
  10.12.02 up
Vol.02 BERGDORF GOODMAN(バーグドルフ グッドマン)

バーグドルフ・グッドマンのウィンドウを手がけるのは、ウィンドウデザイナーのDavid Hoey。
     
  10.11.17 up
Vol.01 RALPH LAUREN (ラルフローレン)

プレッピーから落ち着いたシックな服まで手がけ続けるアメリカン・トラッドを代表するブランド、『RALPH LAUREN』(ラルフ・ローレン)。
     
プロフィール

R I N A (ニューヨーク在住)
「インターネット」+「ファッション」を中心としたウェブ事業に15年ほど携わる。
現在はファッション関連を中心にライターとしてまたコーディネイターとして、これまでの経験を活かし奮闘中。
● ブログ「NY MIX」 http://www.apalog.com/rina/
● お仕事のご依頼
取材/記事執筆、マーケティングリサーチ、コンサルティング、その他お問い合わせ、ご相談はメールをください。
【PC】メールマガジン登録
アパレル業界No.1の情報源!VMD・ブランディングなど専門的な情報をお届け。
>> メルマガ登録はこちら!