【ロンドン17秋冬】ストリートスナップから見るロンドンのトレンドとは?(1/3) | アパレルウェブ
アパレル・ファッション業界の情報ポータル
【コラムバックナンバー:ロンドンコレクション レポート】
http://www.apparel-web.com/column/takashima/

【ロンドン17秋冬】ストリートスナップから見るロンドンのトレンドとは?(1/3)

(写真・文 高嶋 一行)

2017.3.3
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年2月17日から5日間にかけて行われたロンドンファッションウィーク2017年秋冬。例年通り、たくさんのメディアやバイヤー、セレブが集まり盛り上がりを見せる祭典です。今回も会場周辺にてストリートスナップを行い、ロンドンのトレンドをリサーチ。日本と同じく肌寒さが残るロンドンの2月。最新コレクションのアイテムも踏まえて、来シーズンも引き続き注目が集まるであろうアイテムをピックアップしました。

「ロンドンファッションウィークの顔」として様々なショー会場に姿を見せるセレブのひとりがアレクサ・チャン。最も彼女らしい大人フェミニンな着こなしはJ.W.アンダーソン(J.W.Anderson)の会場で披露したホワイトのワンピースにテーラードジャケットを合わせたスタイル。

 

1年前より支持率アップ!ファー素材のボリュームアウター


とにかくコーディネートとして圧倒的に取り入れられている数が多いアイテムのがファーのアウター。去年のロンドンでもトレンド感が強く、売れ筋アイテムであったものがさらに盛り上がりを見せています。アウターとして取り入れるだけで一気にゴージャスな雰囲気が得られるメリットが、ロンドンの女性心をキャッチ。

全体の傾向としては、リアルファーやよりリアルに見せた自然体のブラウンカラーがベース。またはブルーやグリーンなど1色に染め上げたデザインが人気となっています。フェイクファーも一目でフェイクかどうかが分かりにくくなり、リーズナブルな価格帯でも高級感あるテクスチャーを実現。より気軽に取り入れられるアウターであることもトレンドとなった理由のひとつです。来年の秋冬シーズンでもメインアウターのひとつとなることでしょう。

より自然体なブラウンカラーで正当派なゴージャススタイルを取り入れるか、鮮やかなカラーリングで明るくコーディネートを楽しむかの二極化。デザインは単色でシンプルなスタイルが多数派を占めていました。

 

ファーベストの先へ―ファーの部分使いが今年流のトレンド


さらに昨年のトレンドとは違うポイントが、ファー素材を部分的なデザインポイントとして使用するスタイルです。首元や袖部分、裾など自由自在に切り替え。ファーのボリューム効果でメリハリを加えたデザインとしてオリジナリティーあるファッションを実現させています。ウール素材のコートの組み合わせや、レザーアウターの切り替えとして。さらに毛足の長さやカラーリングでアレンジするなど自由なデザインが可能。

来シーズンも、様々なブランドでファー素材をアクセントとして使用するアウターがリリースされることでしょう。 今回のロンドンファッションウィーク内でも最新コレクションにファー素材を取り入れたアウターがラインナップ。袖にファー素材を取り入れるデザインがメインとなる予感です。

デザインとしてアクセント力があるものが、袖にファー素材を取り入れたスタイル。ボリュームあるシルエットが部分的に演出され、ファッションとして新しさが感じられるデザインが魅力です。

 

メアリー カトランズ(Mary Katrantzou)はチェック柄のブルゾンの袖をファー素材で切り替え。ハウス オブ ホランド(House of Holland)はライダースジャケットにブラック×ホワイトの毛足の長いファーをアレンジしています。来シーズンも袖など部分的にファー素材を取り入れたスタイルが多数のブランドよりリリースされると考えられます。
(左)メアリーカトランズハウス オブ ホランド

 

【コーデの仕上げに】肩掛けスタイルもお手軽な人気アイテム


ファー素材をもっと手軽に取り入れる方法として、こちらも同じく昨年よりトレンド傾向にあったマフラーやティペットなどのアイテムたち。ただし今年は、ストールと呼べる長さのあるファーアクセサリーが主流となりました。取り入れ方は、首に巻くのではなく肩にかけるだけ。あくまで装飾としての取り入れ方で、片方の肩にかけてアシンメトリーとしてアクセントを付ける方法や、首にかけるようにボリュームを楽しむ方法まで様々。

シンプルなコートスタイルやドレスアップしたワンピースをゴージャスに飾るアイテムとして活躍しています。こちらは、ファーのアウターとは違い、多色使いや鮮やかなカラーを取り入れるなど、華やかなカラーリングが好まれています。一方で最新コレクションでは、バッグなどのセールスが好調なアニヤ ハインドマーチ(Anya Hindmarch)が、帽子としてのファースタイルや体のチェストに巻くファーアクセサリーを発表。来シーズンは、さらにファーのアクセサリーがマーケットを賑わせることになりそうです。

肩にかけるだけでトレンドを意識したファッションが完成。アクセントとして取り入れるなら鮮やかなカラーリングが効果大として多色デザインの傾向がみられます。

 

アニヤ ハインドマーチ(Anya Hindmarch)の最新コレクション。全てのモデルがファーの帽子を被るなど、次回シーズンの主力素材となることをアピールしています。

 

前へ | 1 | 2 | 3 | 次へ

 

【PC】メールマガジン登録
アパレル業界No.1の情報源!VMD・ブランディングなど専門的な情報をお届け。
>> メルマガ登録はこちら!