【ロンドンSS18】ストリートスナップから分かるトレンドは??(1/3) | アパレルウェブ
アパレル・ファッション業界の情報ポータル
【コラムバックナンバー:ロンドンコレクション レポート】
http://www.apparel-web.com/column/takashima/

【ロンドンSS18】ストリートスナップから分かるトレンドは??(1/3)

(写真・文 高嶋 一行)

2017.10.2
このエントリーをはてなブックマークに追加

9月の15日〜19日までの5日間にかけて行われたロンドンファッションウィークSS2018。今シーズンは他の都市からロンドンへとコレクション発表を移したブランドも多く、全シーズンよりも盛り上がった印象を受けました。それに比例して、会場周辺にはドレスアップしたセレブやファッショニスタと呼ばれる高感度な人たちも増加。今シーズンは何が流行りなのか?ストリートスナップから分析したロンドンのトレンドをご紹介します。

 

今期の主役は「MA-1」!はっきりと出た支持率


ビンテージ、ファストファッション、デザイナーズブランド。様々なMA-1を着用したコーディネートがよく見られた今回のロンドンファッションウィーク。

ここにも、あそこにも、そしてあっちにも。今シーズンのストリートスナップで目立ったアウターは「MA-1」。ファッション業界の関係者からバイヤー、そしてモデルまでの幅広い人たちが着用していた印象です。

9月の秋らしい気候で少し肌寒さがあるロンドンは、軽く羽織れるアウターが重宝する時期。さらに突然の雨が20〜30分だけ降るなど変わりやすい天気でもあるので、ナイロン素材のMA-1は便利なアイテムといったところでしょうか。

 

■カーキ?それともブラック?直球デザインが支持

メンズファッションのようなベーシックな原型デザインが人気。カラーも本来のフライトジャケットらしいカーキやブラックのカラーが人気です。

ウィメンズファッションでありながらも、今シーズン人気のMA-1デザインはベーシックなカーキカラーやブラック。「たくましい」そして「カッコイイ」など本来メンズに好まれるデザインがウィメンズで取り入れられています。

中にはピンクカラーや花柄、レース素材などのMA-1をベースにフェミニンに作り変えたデザインも見られましたが、あくまでごくわずか。MA-1コーディネートの8割ほどがカーキとブラックの無地という結果となっています。

 

■甘辛からメンズライクまで。楽チンコーデ可能

メンズライクなカジュアルファッションとして合わせる王道スタイルはもちろん、ワンピースなどと合わせた雰囲気のギャップを楽しむスタイリング方法も。シンプルなスタイリッシュコーデにも対応する幅広い守備範囲が魅力です。

MA-1を取り入れたコーディネートは意外と簡単で、基本的にどんなファッションともマッチします。カジュアルなスタイルの仕上げとして取り入れることはもちろん、女性らしい可愛いコーディネートにメリハリをつけるようにミリタリー色の強いMA-1をチョイス。スキニーパンツにMA-1を取り入れて、シンプルにメンズファッションのようなまとめ方もできるでしょう。

このように、MA-1は同調にもハズしにも使えるアイテム。1枚持っていれば様々なコーディネートで活躍する便利なアウターなこともトレンドとなる理由のひとつでしょう。

 

■ジャスト派とオーバー派。サイズで別れるお好み

MA-1のサイズの取り入れ方に不正解はなく、ジャストで着こなしても、オーバーサイズでボリュームある着こなしもオシャレに見えるコーディネートです。シルエットの見え方で個性を出す方法もあり、まさに万能アウター。

また、サイズ選びに関しても失敗がないアイテムです。ジャストサイズで着ることはもちろん、オーバーサイズで大胆に取り入れる方法も今っぽいスタイルに仕上がります。

もともとボリュームのあるシルエットなので、体のラインも隠すことができる。さらに、多数のブランドから変形デザインもリリースされており、AラインのMA-1やロング丈のものまで様々。自由度が高いことから、本当に自分の好みでサイズもシルエットも選ぶことができるアイテムと言えます。

 

前へ | 1 | 2 | 3 | 次へ

 

【PC】メールマガジン登録
アパレル業界No.1の情報源!VMD・ブランディングなど専門的な情報をお届け。
>> メルマガ登録はこちら!