【ロンドン18春夏メンズ】今のロンドンらしいキーアイテムはコレ!(1/2) | アパレルウェブ
アパレル・ファッション業界の情報ポータル
【コラムバックナンバー:ロンドンコレクション レポート】
http://www.apparel-web.com/column/takashima/

【ロンドン18春夏メンズ】今のロンドンらしいキーアイテムはコレ!

(写真・文 高嶋 一行)

2017.6.29
このエントリーをはてなブックマークに追加

今年で5周年を迎え、アニバーサリー感をアピールしながら行われたロンドンファッションウィークメンズ。2017年6月9日から4日間の間に約50のブランドがコレクションを発表しました。今回も各ブランドの最新コレクションとともに、会場へ集まるファッション関係者をリサーチ。ロンドンのトレンドファッションとそのキーアイテムとなるアイテムをピックアップしました。

 

手軽で自由度高し!バンダナで首元アクセント


アレンジ自由で手軽なアクセントになるバンダナ。メンズに限らずレディスファッションにも浸透中。夏の薄着にマッチしやすく清潔感もアピールできるアイテムとして今の時期にピッタリです。

天候に恵まれた今回のロンドンファッションウィークメンズ。今シーズンは、いつもの曇りや雨が似合うロンドンではなく、夏を先取りしたような晴天が続きました。そのため、ストリートスナップも夏目前の着こなしが目立っていました。

特に視線を集めたアクセサリーが「バンダナ」。使い方としては、細長く折って首に巻くスタイルがオーソドックスな取り入れ方のようです。薄着となる春夏ファッションのアクセントとして自然体にアピールできるアイテム。もちろんカラーや柄、巻く場所から折り方までアレンジ方法でオリジナリティーを出すことも可能です。

また、より上品でドレスっぽく仕上げるならシルク素材のスカーフなどで代用もでき、カジュアル過ぎないコーディネートにも十分対応できる幅広いスタイリング方法が魅力。アメカジファッションやマリンスタイルなど、常にサマースタイルとして一定の支持を得ていたバンダナが、今年はロンドンの街中に広がる予感がします。

■ランウェイではドレッシーな着こなしにオン

最新コレクションとしては、スカーフをよりドレスアップするスタイリングに利用されています。来シーズンでは、ジャケットにスカーフを合わせるなどよりドレス的な使用が目立つかもしれません。(左から)ケーティーゼットヴィヴィアンウエストウッド

同じく、今回のロンドンコレクションで発表されたブランドでも首元にスカーフのスタイリングが取り入れられています。「ケーティーゼット(KTZ)」はブランドの定番カラーでもあるブラックをベースにしたライトな生地。「ヴィヴィアンウエストウッド(Vivienne Westwood)」はブルーを基調にオリジナルテキスタイルのプリント柄を合わせています。

これらのスタイルがリリースされるのは2018年の春夏シーズン。今年の夏はバンダナがトレンドであり、来シーズンはより存在感を高めるようにスカーフなどを取り入れたスタイリングが流行するかもしれません。

 

胸元で主張するのがロンドン流 ストリートスタイルなポーチが人気


バックパックやクラッチバッグのトレンドが落ち着き、現在はポーチバッグが勢いに乗っています。目立つようにあえて胸元に取り付けるスタイリングが今年のロンドン風な着こなしです。

メンズファッションとしてストリートスタイルの支持率が高いロンドン。ロンドンファッションウィークメンズの中にもストリートスタイルをベースとするブランドも多く、会場周辺に集まる人たちの服装にも少なからず法則性が出てきます。

今回、一番の共通点として明らかにスタイリング率が高かったアイテムがポーチバッグ。こちらもバンダナ同様、使い方のアレンジは多様なアイテムです。ウエストにフィットさせるオーソドックスな取り入れ方から、ショルダーバッグやボディバッグのように肩にかける持ち方、胸あたりのフロントに持ってくる方法など様々。

ブランドにもそれぞれ個性があり、ストリート系やアウトドア系のブランドだけでなく、「グッチ(GUCCI)」などのラグジュアリーブランドのポーチを取り入れたスタイリングも高い割合で登場しています。

そしてその特徴は、何よりもコンパクトな見た目であること。数年前にクラッチバッグがトレンドとなったことから、必要最低限の荷物で外出することが習慣化。ポーチバッグの小さな収納力でも抵抗なく取り入れることができたとも考えられます。シンプルなライフスタイルや断捨離の思考は選ぶバッグにも反映しているかもしれません。

■来シーズンもお約束のアイテムに

最新コレクションでも多数のブランドがポーチバッグをスタイリング。来シーズンも引き続き、ロンドンのトレンドバッグとなりそうです。
(上段左から)ボビーアブリーリアムホッジス(下段左から)チャールズジェフリー ラバーボーイブラッドブラザー

最新コレクションでも多数のブランドがポーチバッグをスタイリングに採用。「ボビーアブリー(Bobby abley)」はブランドのシンボルであるクマのシルエットにカラフルなフリンジがついたデザイン。「リアムホッジス(LIAM HODGES)」は、スローガンデザインとしてメッセージをプリント。大きく「NOISE」の文字が印象的です。そもそもストリートファッションの間でポーチバッグは定番アイテムのひとつ。長く続きそうなトレンドと言えるでしょう。

■売り切れ殺到!プレイセス+フェイセス(PLACES+FACES)

ポーチバッグの中でも注目しておきたいブランドが「プレイセス+フェイセス(PLACE+FACES)」です。ロンドン発のブランドで、人気フォトグラファーがプロデュースするブランド。ヒップホップを中心とした有名アーティストや、注目の新人アーティストなどを巻き込んでプロモーションされているアイテム。カメラ好きや音楽好きが支持しているため、、リリースされると即完売となる勢いがあるブランドです。

中にはプレミアがつくこともあり、中古でも高値で取引されているぐらいの熱狂ぶり。ストリートファッションといえばシュプリームがカルト的な人気を集めていますが、「プレイセス+フェイセス(PLACE+FACES)」も「シュプリーム(Supreme)」に続くポジションを確立する可能性は十分にあります。

 

ルイ・ヴィトンが仕掛け人?鶴や鳥モチーフも目立つロンドン


共通するのは、羽を広げて羽ばたく鳥や鶴をモチーフにしたデザイン。上品な雰囲気だけでなく、力強さも感じる貫禄が特徴的。

デザインアクセントとなるモチーフとして、鳥や鶴が描かれたアイテムも会場周辺でよく目にしました。トレンドとして考えられる要因は、約1年前のパリメンズコレクションで発表された「ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)」のデザインにあります。

旅をテーマにデザイナーが出会った物を詰め込んだ2017年春夏コレクション。その中に鶴をモチーフとしたアイテムが登場していました。その影響か今年の春夏アイテムとして鶴モチーフを取り入れた着こなしが目立つことに。

鮮やかで創作感ある鶴が主役のプリントシャツや、胸元にポイントとしてデザインされたもの。また鶴だけでなく、鳥モチーフのトップスもたくさん視線に入ってきたシーズンでした。

 

| 1 | 2 | 次へ

 

【PC】メールマガジン登録
アパレル業界No.1の情報源!VMD・ブランディングなど専門的な情報をお届け。>> メルマガ登録はこちら!