【ロンドンファッションウィークまとめ】今、会場で起きていること(1/2) | アパレルウェブ
アパレル・ファッション業界の情報ポータル
【コラムバックナンバー:ロンドンコレクション レポート】
http://www.apparel-web.com/column/takashima/

【ロンドンファッションウィークまとめ】今、会場で起きていること(1/2)

(写真・文 高嶋 一行)

2017.3.10
このエントリーをはてなブックマークに追加

ロンドンファッションウィークにてコレクション発表したトーガ(TOGA)。日本から継続的にロンドンファッションウィークに参加する唯一のブランドです。

2017年2月に行われたロンドンファッションウィーク(LFW)2017AWシーズン。ニューヨークやミラノ、そしてパリを合わせた4大コレクションのひとつとして位置付けられるイベントです。ご存知の通りレディスファッションをメインに行い、メンズは10シーズン前から単独のロンドンファッションウィークメンズ(以前までの名称はロンドンコレクションズメン)として開催されています。他の都市のファッションウィークとは違い、若手ブランドの参加やストリートスタイル、クリエィティブなデザインが特徴です。

今、現地では何が起こっているのでしょうか。取材を行った中で目にしたロンドンファッションの今と今後を検証してみましょう。

 

ビッグブランドが入れ替わる「発表の場ロンドン」


バーバリー(Burberry)のショー会場。他のロンドンコレクション参加ブランドとは比にならないほどのセレブや有名人が足を運んだ会場。ロンドンファッションウィークのメインブランドとしての高い注目度を誇っています。

ロンドンファッションウィークの公式プログラムに記載されるランウェイショーやプレゼンテーションなどは、毎シーズン80ブランド前後。これら全てが5日間のスケジュールで発表されます。

パリやミラノ、そしてニューヨークとは違い、ストリートスタイルや若手ブランドの割合が高いLFW。今回LFW側が公式発表しているプログラムを過去10シーズンと見比べ、参加するブランドの移り変わりをチェックしました。その中で目立った変化のひとつが、比較的知名度が高いラグジュアリーと位置づけされるビッグブランドの入れ替わりが頻繁に起こっていることです。

具体的な例を挙げると、ポール スミス(Paul Smith)が、2016年9月に開催されたロンドンファッションウィークを最後に不参加。アレキサンダー マックイーン(Alexander McQueen)は2016年2月のロンドンファッションウィーク以降、参加していません。さらに、イタリアブランドであるモスキーノ(Moschino)はレディス、メンズ共に単発でロンドンファッションウィークに参加していますが、続けて行うシーズンはありません。これらのブランドは、ロンドンを後にし、パリやミラノをコレクション発表の場としています。

さらに、ヴィヴィアン ウエストウッド(Vivienne Westwood)はレッドレーベルとしてロンドンで発表していましたが、レーベルを統合したり、メンズとレディスを同じタイミングで発表するなど、様々な変化の後、ミラノやロンドンでコレクションを発表しています。最新のシーズンでは、ロンドンファッションウィークメンズのスケジュールでコレクションを発表するなど、シーズンごとに違ったアプローチを試みています。

その点、レーベルの統合や、メンズとレディスをまとめて発表する方針に変えても、常にロンドンでコレクションを発表しているブランドがバーバリー(Burberry)です。ビッグブランドの多数がパリやミラノへ発表の場を移行、ロンドンに回帰するなどの変化をするなか、ロンドンで発表し続けるバーバリー(Burberry)は、LFWの顔となり、最も注目されるブランドとして地位を築いています。

 

若手ブランドが育ち、根付く。「ニュウゲン」というデザイナー支援


ニュウゲン(NEWGEN)による支援を受けるセイディ ウィリアムス(SADIE WILLIAMS)。シャイニーな色合いと、トリコロールなカラーリングの組み合わせが特徴的です。

若手ブランドの割合が高いLFWの特徴は、偶然生まれたものではありません。ブランドを始めたばかりのデザイナーを支援する活動がロンドンでは積極的に行われています。その代表とされるのが、「ニュウゲン(NEWGEN)」と呼ばれる取り組みです。

英国を代表するファストファッションブランドのトップショップ(TOPSHOP)がスポンサーとなり、コンペ形式で選出。選ばれたブランドは、ロンドンファッションウィークでランウェイショーやプレゼンテーションを行う費用の支援を受けることができ、スタートアップに必要なPRやセールスのきっかけを掴むことができます。さらに、ファッション雑誌のヴォーグ(Vogue)による支援などもあり、他のコレクションよりも若手にチャンスがある発表の場でもあります。

セールスに成功した支援ブランドは、支援が終了した後も、LFWの常連となり、そのままロンドンを拠点としてデザイナー活動を続けていくことになります。ニュウゲンの支援を受けた代表的なブランドとして、クリストファー ケイン(Christopher Kane)、J. W. アンダーソン(J.W.Anderson)、ハウス オブ ホランド(House of Holland)などがあります。今現在もLFWに参加し続けているブランドです。

ニュウゲン卒業生のひとり、ハウス オブ ホランド(House of Holland)。現在もロンドンを拠点にコレクションを発表している人気ブランドです。

 

ロンドンファッションウィークメンズとの関係性


今シーズンはロンドンファッションウィークメンズにて、メンズとレディス両方のコレクションを発表したヴィヴィアンウエストウッド(Vivienne Westwood)。

LFWの1カ月前、2017年1月に行われたロンドンファッションウィークメンズ。今回で10シーズン目の節目を迎えたコレクションです。5年前のスタート当初は、他の展示会やファッションウィークへの悪影響が一部で懸念されており、ブランドの争奪戦となることが予想されていましたが、シーズンを重ねるに連れて規模も拡大しています。

そして今シーズン、初めて会場をメンズ、レディス共に同じ場所にて行うなど、効率的な部分でも協力体制を取った両コレクション。レディスからメンズへと発表の場を移すブランドや、メンズのショーでレディスアイテムも同時に発表してしまうブランドなども増え、ブランド側への選択肢が増えた形となりました。世界的に見ても、拡大傾向にあるメンズファッションのマーケットをロンドンから発信できるメリットがあります。今後も、メンズとレディスそれぞれの良さを引き出しながら、相互作用を模索し発展していくことが予想されます。

 

前へ | 1 | 2 | 次へ

 

【PC】メールマガジン登録
アパレル業界No.1の情報源!VMD・ブランディングなど専門的な情報をお届け。
>> メルマガ登録はこちら!