実践編、明日の着こなしに役立つお話 | Trend from Tokyo 教えてシトウ所長!Vol.6 | コラム

ブックマークする
アパレル・ファッション業界の情報ポータル
シトウレイ
2009.12.15 Vol.6 >>バックナンバー
このエントリーをはてなブックマークに追加
Vol.6 実践編、明日の着こなしに役立つお話

気がつけばもう師走。クリスマスソングが街を流れ、イルミネーションが恋人達の顔を笑顔に変え、心浮き立つ、オシャレにもより気合いが入る時期がやってきました。
TREND from TOKYO第6回は実践編、明日の着こなしに役立つお話を伺ってきました。

シトウレイのストリートフォトはこちら >>「The Best of Street Photo
ブログ >>「シトウ所長の原宿デイリー

♪こんにちは、今日もよろしくお願いします

よろしくお願いしまーす!あっという間に師走ですねー、あっという間の一年でしたねぇ。そろそろクリスマスプレゼント買いたいなぁ、頑張った自分にカンパーイ!的な洋服とか、靴とか!

♪そんな事いいながら、毎回「頑張ったお祝い」とか「よくやったねぎらい」とかで買い物してるじゃないですか、所長。 こないだもそういえば…

い、いいんです!さ、今日なんでしたっけ、読者さんからの投稿でしたよね。

♪そうなんです。読ませてもらいますね。
『いつも「The best of street photo」みています。みなさんオシャレで参考になります。最近オールブラックのスタイルを良くみかけますが、私が着るとどうも「無難に黒でまとめた人」みたいになり、写真のような着こなしになりません。オールブラックをかっこよく着こなすコツみたいなものがあれば、教えてください。』 以上です。

  The best of street photo.見て頂いているようで、嬉しいです、ありがとうございます!
オールブラックスタイル、確かにパリ編でも東京編でもよく現れてます。黒って、簡単に着れちゃうんだけど、かっこよく着こなそうとすると、結構難しいんですよね〜。
「単に地味な人」になりやすい。
かっこよく、スタイリッシュに着こなすコツ、お教えします!

まず一つ目!
@ 異なる素材を何枚か使う。

♪ん?どういう事ですか?

革素材だったり、コットン、デニム、シフォン・・・など同じ黒色といっても素材によって生地の光方だったり、柔らかさだったり、しわの寄り方だったり。ドレープの動き方が違ってきます。
あとは、新品のぱりっとした色か、古着みたいに、くたっとあせた感じの色だったりっていう黒の色の深遠度もちょっとちがってきます。色は同じ黒でも、素材を変えたりすることで様々な表情をあたえる事ができるんです。
The Best of street photoの中の写真から見ていきましょう。

まずは左から。
彼の場合は、ジャケットの革素材、パンツのちょっとはりのあるコットン(?)素材、中に着こんだ古着のパーカー、同じ黒でも3種類の黒がみてとれます。この中に着こんだあせた色合いの黒が、パンツのはりのある黒をより、ひきたたせてますね。ちょっとゴワゴワ&シワついた感じの革素材と、はりのあるパンツとのコントラストもでています。

♪なるほど、確かに上からしたまで真っ黒ですが、単調な感じはしないですね。

ですね!では2番目。今度は女の子です。
彼女も全身黒ですが、素材感を上手くミックスして、ワンランク上のオールブラックスタイルになっています。
まずはこのふわっふわの毛糸なジャケット、これまた着古したようなインナー、黒のストッキング、スエード素材のニーハイブーツ。ぱぱっとみただけでも4種類の異素材がくみあわさっています。

♪ほんとうだ、黒は黒でも全然「無難」にまとまってない、インパクトがありますね。

素材感を変える、というのはオススメです。特に彼女のジャケットみたいなちょっとクセのある黒アイテムは一つあると、重宝しますよー。この素材でこの形で色がある物だと、組み合わせが限られちゃうけど、黒だから(彼女同様)黒同士であわせてもいいし、それに他の色ともあわせやすいし!

♪で、最後はこの彼女。なんか強者(つわもの)って感じですねー。れ?れれ?ジャケットもパンツも同じ素材にみえますが …。

そう!この人かなり上級者さんです。彼女の場合ジャケット&パンツのセットアップで同素材です。この彼女をつわものに見せているのは、このパンツのシルエットと、ジャケットのシルエットの秀逸さですね。いかり肩のジャケットにサルエルパンツ。
この最旬シルエットだからこそ、素材の如何にかかわらずオシャレになっている。
もしこれが普通のジャケット&普通のパンツだとしたら、どうでしょう?

♪就職面接試験に臨む学生さんみたいになりそうですね。

そうなんです。同素材組み合わせは、初心者さんは最初のうちは避けた方がいいかも…とも思います。

♪なるほど、異素材組み合わせ、と。後半につづきます!。

前へ | 1 | 2 | 次へ
>>バックナンバー
シトウ レイ
ストリートファッションフォトグラファー。 ストリートファッションカルチャー誌、「STREET」 「FRUiTS」 「TUNE」にて、専属フォトグラファーとしての活動を経て、東京のストリートファッションを海外向けに発信するサイト「STYLE from TOKYO」を開始。原宿のファッションアイコン的人物。

シトウレイのストリートフォトはこちら >>「The Best of Street Photo
ブログ:シトウ所長の原宿デイリー
【ご意見・ご質問はyellow@apparel-web.com
【PC】メールマガジン登録
アパレル業界No.1の情報源!VMD・ブランディングなど専門的な情報をお届け。
>> メルマガ登録はこちら!