2018年春夏ロンドンコレクション(1/2) | 宮田理江のランウェイ解読 Vol.43 | コラム | アパレルウェブ

アパレル・ファッション業界の情報ポータル
アパレルウェブ > コラム > 宮田理江 > 2018年春夏ロンドンコレクション(1/2)
宮田理江のランウェイ解読
2017.10.4 Vol.43 >>バックナンバー
このエントリーをはてなブックマークに追加
Vol.43 2018年春夏ロンドンコレクション(1/2)

ブレグジットの動揺が続く英国にあって、2018年春夏ロンドン・ファッションウィークはボーダーレスやカルチャーミックスといった、国際都市・ロンドンらしい持ち味を示した。開幕のタイミングで地下鉄テロに襲われるという不安をはらみながらも、創り手は国境や民族、文化などを乗り越えるたくましさを歌い上げた。

 


J.W.ANDERSON

「ユニクロ(UNIQLO)」とのコラボレーションアイテムがロンドン・ファッションウィークの最中にお披露目された「J.W.アンダーソン(J.W.ANDERSON)」は過剰に飾り立てない「静かなモード」に心を砕いた。コルセットやビスチェに似た、ペザントブラウス風のショート丈トップスを軸に、穏やかでナチュラルな装いを組み上げた。裾が不揃いにとがったハンカチーフヘムのスカートは伸びやかなたたずまい。デコルテやウエストで程よく肌をのぞかせ、くつろいだムードを呼び込んでいる。無駄をそぎ落としたシルエットでありながら、レトロ感や健やかさを帯びさせて、ヒューマンで懐かしげな雰囲気に整えている。

 


EMPORIO ARMANI

ミラノからの引っ越し開催となった「エンポリオ アルマーニ(EMPORIO ARMANI)」はガーリーなミニドレスで若返りを印象づけた。飾り付きのベレー帽はマニッシュでクール。ビッグロゴをプリントしたTシャツは90年代風の演出。ランウェイを華やがせたのは、ポップな色使い。カニや魚など、海にちなんだファニーモチーフでセットアップを埋め尽くし、チアフルに彩った。シャーベットトーンのパンツ・セットアップを繰り返し登場させ、ランウェイにリズムをもたらしている。マドラスチェック風のマルチカラー柄もポジティブ感が高い。蛍光イエローやシルバーメタリックといった、押し出しの強い色も組み込んで、着姿にエナジーをまとわせていた。

 


VERSUS VERSACE

英国の伝統的な服飾文化へのリスペクトを示したのは、ファッション校「セントラル・セント・マーティンズ」でランウェイショーを開いた「ヴェルサス ヴェルサーチ(VERSUS VERSACE)」。ファーストルックではチェック柄で統一したパンツルックを披露した。英国トラッドにオマージュを捧げながらも、ロングコートの両袖を裁ち落としたかのようなジレ(ベスト)にリモデル。縦落ち感を引き出した。赤×黒やまばゆいメタリック系の色使いはナイトクラビング気分を漂わせる。ミニ丈ドレスを多用して、挑発的なムードを醸し出した。ブランドロゴのプッシュも90年代のムード。カウボーイジャケットやデニム・セットアップでウエスタンテイストも添え、カルチャーミックスを推し進めていた。

 


ANYA HINDMARCH

昔を懐かしむ気持ちが「アニヤ ハインドマーチ(ANYA HINDMARCH)」のコレクションにはあふれた。1970年代の英国郊外に暮らす主婦をイメージしたという装いは古風でノスタルジック。当時の主婦が好んで自宅で着たという、襟が大きくフォルムのゆったりした「ハウスコート」は象徴的なキーアイテム。レトロな眼鏡やスリッパ風シューズにも平穏でのどかな家庭生活が写し込まれている。キルトやアップリケなどの手仕事ディテールはハートウォーミングな表情。猫を描いたバッグは気持ちをほっこりさせる。壁紙から着想を得たという花柄からも、ファッションを通してピースフルな空気を招き入れたいと願うデザイナーの意識を映していた。

 

 

前へ | 1 | 2 | 次へ
>>バックナンバー
宮田理江(みやたりえ) プロフィール
ファッションジャーナリスト

複数のファッションブランドの販売員としてキャリアを積み、バイヤー、プレスを経験後、ファッションジャーナリストへ。新聞や雑誌、テレビ、ウェブなど、数々のメディアでコメント提供や記事執筆を手がける。
コレクションのリポート、トレンドの解説、スタイリングの提案、セレブリティ・有名人・ストリートの着こなし分析のほか、企業・商品ブランディング、広告、イベント出演、セミナーなどを幅広くこなす。著書にファッション指南本『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(共に学研)がある。

公式サイト:http://riemiyata.com/
宮田理江の「おしゃれhack」:http://www.apalog.com/riemiyata/
「fashion bible」:http://fashionbible.cocolog-nifty.com/
【PC】メールマガジン登録
アパレル業界No.1の情報源!VMD・ブランディングなど専門的な情報をお届け。
>> メルマガ登録はこちら!