2017-18年秋冬パリ、ミラノコレクション(1/2) | 宮田理江のランウェイ解読 Vol.41 | コラム | アパレルウェブ

ブックマークする
アパレル・ファッション業界の情報ポータル
アパレルウェブ > コラム > 宮田理江 > Vol.41 2017-18年秋冬パリ、ミラノコレクション(1/2)
宮田理江のランウェイ解読
2017.5.10 Vol.41 >>バックナンバー
このエントリーをはてなブックマークに追加
Vol.41 2017-18年秋冬パリ、ミラノコレクション(1/2)

2017-18年秋冬シーズンのパリ、ミラノ両コレクションはテイストミックスやビッグボリューム、フェミニン色・ディテールが「女らしさ」の幅を広げた。多様性を重んじる傾向や、性別にとらわれないジェンダーレスの流れも勢いを増している。短期的な「トレンド」を提案するよりも、ブランドやデザイナーの「特質、オリジン」を押し出す意識が強まって、ヨーロッパモードは新たなステージに駆け上がりつつあるようだ。

ミラノコレクション



GUCCI

「錬金術師の庭」をテーマに選んだアレッサンドロ・ミケーレ氏は「統一感」を重んじるというモードの常識をファニーに揺さぶった。「グッチ(GUCCI)」としては初めてメンズとウィメンズを同じランウェイで発表。これまでのジェンダーレス志向からさらに「ジャンルレス」にまで踏み込んで、カオス(混沌)に導いている。マニッシュなスーツにカラフル花柄を組み込んだ。古風なシノワズリー(中国趣味)パターンや、英国調のチェック模様など、古今東西の柄・モチーフをかき集めたかのようで、ミケーレ流のスーパーミックスを披露した。

パンクとヒッピー、ルネッサンス、ヴィンテージが交錯し、色とモチーフが躍るカーニバルのような過剰感に包まれる。でも、お得意のギークでレトロな雰囲気は健在。シュールレアルでありながら、どこかヒューマン。きらめくボディースーツはグラマラス。「GUCCI」のロゴ入りのヘアバンドのアイキャッチー。ステッキの握りは猫の頭をかたどった。日本の紙傘も登場した。

 


PRADA

メッセージ性を打ち出す傾向が強まる中、「プラダ(PRADA)」はあえてやわらかいトーンを押し出した。ふわふわのファーやフェザーを通して穏やかなたおやかさを語りかけた。アウターの肩や裾にフェザーをあしらい、ブーツもファーのふんわりした量感で華やがせた。アルパカやシープスキンなど、見るからにソフトな風合いのマテリアルを使って、ルックに落ち着きをもたらしている。懐かしげな質感のコーデュロイも多用。手編みと見えるニット物は気持ちまでぬくもらせる。

刺繍やパッチワーク、フリンジ、ビーズなどの手仕事感が高い。カーディガンにもビジューを施している。ランジェリー風味も取り入れていて、編み物のブラトップをパンツに合わせて登場させた。ただ、誘惑的なセクシー寄りではなく、ノスタルジーや母性を帯びたムード。小ぶりのケープもクラシックなたたずまい。襟と裾にボリュームをこしらえて、着姿を弾ませている。カラーパレットはいつにも増して豊かで、真っ赤なフェミニンドレスも披露した。

 


Dolce & Gabbana

目先のトレンドを意識しないスタンスを象徴する存在となった感がある「ドルチェ&ガッバーナ(Dolce & Gabbana)」。故郷のシチリアに根差したクリエーションと、生命賛歌のような祝祭的装飾は今回も感動的なランウェイに結実した。家族や愛といった根源的な価値観を物語っていたのは、モデルになった人たちの顔ぶれ。赤ちゃんを抱いた親モデルをはじめ、ミレニアルズ(1980〜2000年生まれ)の女優やファッションアイコンなどが親子、カップル、きょうだいなどの絆でつながった相手と一緒に登場。国籍や世代を超えて朗らかにランウェイを歩いた。

モデルにとどまらず、クリエーションもダイバーシティー(多様性)にあふれていた。ジーンズからタキシードまで、アイテムの提案は幅広い。さらにバリエーションに富んでいたのは、モチーフの種類。レオパードをはじめとするアニマル柄のほか、宇宙飛行士のイラスト、手描きのグラフィティ(落書き)なども盛り込まれた。ジャスティン・ビーバーの顔をプリントしたTシャツもお目見え。「ファッションは楽しい」というメッセージを表現していた。持ち味のゴージャス感は金糸をふんだんに用いたブロケード刺繍や、王女風のティアラ、イエローのスリーピースなどに写し込まれていた。

 


FENDI

女っぽさを情熱的に歌い上げるデザインが勢いづいた今回のミラノ。ファーやレザーに強みを持つ「フェンディ(FENDI)」が全モデルに履かせたキーアイテムはパテントレザーの鮮烈レッドが目に飛び込んでくるサイハイブーツだった。伝統的なヘリンボーン柄やツイード生地などとのコントラストが際立って、クラシックとセンシュアルが交差。マニッシュとフェミニンが響き合う装いに仕上げていた。コートは袖先のカフス部分にどっさりファーをあしらい、ボリュームに起伏をもたらしている。特大の襟にもファーを配して、リュクスを薫らせている。

シルエットが若返った。ウエストがシェイプされた「X」字形のフォルムが繰り返し現れた。スクエアショルダーがジャケットやスーツをシャープに引き立てている。アウターは袖丈をやや短めにして、意外なシルエットに整えた。ウエストマーク効果を織り込んで、ベルトにはアイコニックなブランドロゴの「ダブルF」をあしらい、ウエストに視線を引き込んだ。フレッシュな着映えのショートトップスも投入。構築的なショルダーラインと、挑発的なレッドブーツが自然なスレンダー感を引き出していた。

 

前へ | 1 | 2 | 次へ
>>バックナンバー
宮田理江(みやたりえ) プロフィール
ファッションジャーナリスト

複数のファッションブランドの販売員としてキャリアを積み、バイヤー、プレスを経験後、ファッションジャーナリストへ。新聞や雑誌、テレビ、ウェブなど、数々のメディアでコメント提供や記事執筆を手がける。
コレクションのリポート、トレンドの解説、スタイリングの提案、セレブリティ・有名人・ストリートの着こなし分析のほか、企業・商品ブランディング、広告、イベント出演、セミナーなどを幅広くこなす。著書にファッション指南本『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(共に学研)がある。

公式サイト:http://riemiyata.com/
宮田理江の「おしゃれhack」:http://www.apalog.com/riemiyata/
「fashion bible」:http://fashionbible.cocolog-nifty.com/
【PC】メールマガジン登録
アパレル業界No.1の情報源!VMD・ブランディングなど専門的な情報をお届け。
>> メルマガ登録はこちら!