深まるフェミニン、盛り上がる多様性〜2017-18年秋冬ファッションの6大トレンド〜(1/2) | 宮田理江のランウェイ解読 Vol.42 | コラム | アパレルウェブ

ブックマークする
アパレル・ファッション業界の情報ポータル
アパレルウェブ > コラム > 宮田理江 > Vol.42 深まるフェミニン、盛り上がる多様性〜2017-18年秋冬ファッションの6大トレンド〜(1/2)
宮田理江のランウェイ解読
2017.6.7 Vol.42 >>バックナンバー
このエントリーをはてなブックマークに追加
Vol.42 深まるフェミニン、盛り上がる多様性〜2017-18年秋冬ファッションの6大トレンド〜(1/2)

強さとフェミニニティーを併せ持つ女性像が新たなおしゃれのロールモデルに浮上した。2017-18年秋冬ファッションのトレンドは英国紳士ライクな正統派ムードが深まる半面、情熱的なレッド、たおやかなディテールが打ち出され、女性の多面性を印象づけるような装いが盛り上がりそうだ。ダイバーシティー(多様性)の重視やミレニアルズ世代への目配りも働いて、全体にカルチャーミックス色が濃くなっている。

◆ネオフェミニスト



(左から)DIORALEXANDER MCQUEEN

(左から)STELLA MCCARTNEYN°21

女性であることへのプライドやよろこびを表現する装いが勢いづいた。赤のワントーンで染め上げたレッドルックはその象徴。セミフレアのロングドレスや、オフショルダー、パフスリーブなどが優美な着姿に誘う。ウエストシェイプやビスチェ、コルセットでボディーラインの起伏を強調。ランジェリーをレイヤードに組み込むスタイリングもセンシュアル(官能的)を薫らせる。

これまでのフェミニズム的装いと異なるのは、ダイバーシティー性が加わっているところ。ミレニアル世代を意識したガーリー感や、ジェンダーレス、ミリタリーなどのテイストを加味。国境や民族、時代性を軽やかに飛び越えるカルチャーミックスが加速。ムスリム女性がかぶるヒジャブ、プラスサイズ、70年代などの要素も盛り込まれ、フェミニンの幅が広がった。ランウェイモデルにもプロではないリアルウーマンが登場した。

 

◆ブリットブリッド


(左から)GUCCILOEWE

(左から)FENDIMISSONI

英国趣味が装いに品格をもたらす。ヘリンボーンやガンクラブチェック、ハウンドトゥース(千鳥格子)、グレンチェック、タッターソール、フェアアイルなどのトラッド柄がブリティッシュ気分を印象づける。ツイードやウールで仕立てた、正統派テーラーリングのスーツ、セットアップがマスキュリンをまとわせる。ただ、英国一辺倒でまとめてしまうのではなく、フェミニンな風情を重ねるハイブリッドが新スタイリングのエッセンスだ。

トレンチ、チェスターなどのコートが縦長フォルムを引き立てる。ジェントルマン顔のスリーピースもウィメンズ向けに登場。小ぶりのケープレットが肩に淑女ムードをまとわせる。キャスケットは若々しいブリットガールに見せてくれる。色はグレー、ブラウン、ブリックなどの渋め色が格子柄を引き立てる。気品を帯びたサックスブルーはノーブルな着姿に導く。透ける生地を差し込んで、やさしげ感を補うのが上手なアレンジ。ギャザーやプリーツ、フリル、ラッフルも女っぽさを添える。

 

◆ハンドクラフトレトロ


(左から)PRADAETRO

(左から)MAISON MARGIELACOACH

手仕事感と郷愁が同居するような素材使いが大人っぽさとヴィンテージ風味を醸し出す。ジャカードやキルティング、コーデュロイのアナログ風味が心地よい。古風なハットやスカーフ、ティペット、ファーコート、カラーニットもハンドクラフト感を宿す。モヘア、アーカイブ生地の素材感も落ち着きをもたらす。ディテール面では大襟、裏ボア、フリンジ、フラワー柄、幾何学模様、サイケデリックカラーが復活。厚底プラットフォームシューズやスクエアトゥも懐かしい。

刺繍、ビーズ、パッチワーク、アップリケ、刺し子、ステッチなどの手仕事装飾が着姿にぬくもりと歴史性を忍び込ませる。おばあちゃんのワードローブから譲り受けたようなほっこりムードが流行に踊らされないスタンスを感じさせる。起毛素材や膝丈レングスもオールディーズの風情。色はブラウンやキャメル、ワインカラーなどにグリーンやピンクを差し込むミックストーンがレトロっぽさを立ちのぼらせる。ネルシャツやハイネックも適度な昔感が出せる。

 

前へ | 1 | 2 | 次へ
>>バックナンバー
宮田理江(みやたりえ) プロフィール
ファッションジャーナリスト

複数のファッションブランドの販売員としてキャリアを積み、バイヤー、プレスを経験後、ファッションジャーナリストへ。新聞や雑誌、テレビ、ウェブなど、数々のメディアでコメント提供や記事執筆を手がける。
コレクションのリポート、トレンドの解説、スタイリングの提案、セレブリティ・有名人・ストリートの着こなし分析のほか、企業・商品ブランディング、広告、イベント出演、セミナーなどを幅広くこなす。著書にファッション指南本『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(共に学研)がある。

公式サイト:http://riemiyata.com/
宮田理江の「おしゃれhack」:http://www.apalog.com/riemiyata/
「fashion bible」:http://fashionbible.cocolog-nifty.com/
【PC】メールマガジン登録
アパレル業界No.1の情報源!VMD・ブランディングなど専門的な情報をお届け。
>> メルマガ登録はこちら!