2017-18年秋冬NYコレクション〜Vol.39(1/2) | 宮田理江のランウェイ解読 | コラム | アパレルウェブ

アパレル・ファッション業界の情報ポータル
アパレルウェブ > コラム > 宮田理江 > 2017-18年秋冬NYコレクション〜Vol.39(1/2)
宮田理江のランウェイ解読
2017.3.6 Vol.39 >>バックナンバー
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017-18年秋冬NYコレクション〜Vol.39(1/2)

2017-18年秋冬ニューヨークファッションウィークでは異変が起きた。地元からトランプ政権が誕生したことを背景に、本来のアメリカ、人々のダイバーシティー(多様性)、女性の尊厳などを深掘りするクリエーションが相次いだ。NYの参加者がこれほどステートメントを鮮明に打ち出すのは「9.11」の直後以来だ。「政治(反トランプ)」が表のテーマ、「ダイバーシティー」が裏のテーマになったようだ。


CALVIN KLEIN

新デザイナーとして最も話題を集めたのは「カルバン・クライン(CALVIN KLEIN)」を任されたラフ・シモンズ氏だ。自らも異邦人(出身はベルギー)のシモンズ氏はデビューコレクションで「移民国家・米国」へのリスペクトを示した。象徴的なモチーフ使いとして星条旗を写し込んだ。ウエスタンなカウボーイシャツも米国開拓史やカントリーライフを思い起こさせる。ジェンダーレスの台頭に先駆けてユニセックスの装いを先導してきたブランドらしく、ウィメンズのスーツを紳士服ライクに仕立てている。フェザーやプラスチックなど、質感の異なるマテリアルを引き合わせる素材使いにも、様々な出身、信条の人たちが集う国への共感がうかがえた。

 


PROENZA SCHOULER

今回を最後に発表の場をパリヘ移す「プロエンザ スクーラー(PROENZA SCHOULER)」のデザイナーデュオはNYへの愛をファイナルランウェイに注ぎ込んだ。レザーのラップドレスをキーアイテムに据えて、パワフルな女性像を押し出した。オーバーサイズのアウターもタフな印象を生んだ。カットアウトやアシンメトリーを生かしたレイヤードを組み上げている。ケミカルやつやめきやメタリックなまばゆさがNYと女性のエネルギーを感じさせる。ブランドロゴやファスナーを配してステートメントを込めた。腕にチューブを巻き付かせたかのようなアクセサリーも装いをエネルギッシュに演出していた。

 


MICHAEL KORS COLLECTION

マイケル・コース コレクション(MICHAEL KORS COLLECTION)」が初めて「プラスサイズ」のモデルを起用したのは、多様性の価値を示した一例と言える。現ファーストレディーもかつてはモデルだった。たくさんの役割やキャラクターを兼ね備える現代女性にふさわしく、たおやかさと強さの両方を打ち出した点も今回のNYモードの傾向だ。構築的なショルダーラインのジャケット姿はビジネス首都のNYを支えるパワーウーマンたちを応援するかのよう。一方、スカートには深いスリットを入れ、女っぽさも忘れていない。男性にもたれかからない「インディペンデント」な女性像を軸にしながらも、流麗なドレスやリッチなファーコートも提案。一様ではない女性の実像に寄り添うクリエーションを披露した。

 


ALEXANDER WANG

「人種のサラダボウル」と呼ばれてきたNYならではのミックスカルチャーを全面に追い出したのは、デザイナー自身もアジア系の「アレキサンダー ワン(ALEXANDER WANG)」。今回はアフリカ系アメリカ人が多く住むハーレム地区で初めてショーを開いた。ファーストルックは黒ジャケットに黒タイツと、ブラックカルチャーへのオマージュ風。レザーの多用に加え、ヒップホップ音楽がストリート感を増幅していた。デニムのジャケット、太いチェーン付きバッグなどがロックの反骨精神を帯びた。マイクロショートパンツとタイツを重ねるレイヤードは性別をぼかす。半面、正統派ジャケットや袖広がりディテールも取り入れ、クラシックやロマンティックも交錯させている。シグネチャー的なメッシュやフィッシュネットはフェティッシュなムードをまとわせていた。

 

前へ | 1 | 2 | 次へ
>>バックナンバー
宮田理江(みやたりえ) プロフィール
ファッションジャーナリスト

複数のファッションブランドの販売員としてキャリアを積み、バイヤー、プレスを経験後、ファッションジャーナリストへ。新聞や雑誌、テレビ、ウェブなど、数々のメディアでコメント提供や記事執筆を手がける。
コレクションのリポート、トレンドの解説、スタイリングの提案、セレブリティ・有名人・ストリートの着こなし分析のほか、企業・商品ブランディング、広告、イベント出演、セミナーなどを幅広くこなす。著書にファッション指南本『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(共に学研)がある。

公式サイト:http://riemiyata.com/
宮田理江の「おしゃれhack」:http://www.apalog.com/riemiyata/
「fashion bible」:http://fashionbible.cocolog-nifty.com/
【PC】メールマガジン登録
アパレル業界No.1の情報源!VMD・ブランディングなど専門的な情報をお届け。
>> メルマガ登録はこちら!