ファッション誌の未来(その2) | 栗田亮のクールジャパン新展開 Vol.9 | コラム | アパレルウェブ

ブックマークする
アパレル・ファッション業界の情報ポータル
栗田亮のクールジャパン新展開
2010.6.29 Vol.9 >>バックナンバー
このエントリーをはてなブックマークに追加
Vol.9 ファッション誌の未来(その2)

ファッション誌の未来形として、電子出版の可能性を考えてみましょう。
今アメリカでは、電子出版の激しい競争が繰り広げられています。
つい先日には、アマゾンとバーンズ・アンド・ノーブルの二社が自社の電子書籍用端末の販売価格を100ドル台に引き下げると発表しました。これは、アップルの人気商品iPad対策であることは間違いないでしょう。

アマゾンは、電子書籍端末で米最大のシェアをもつ「キンドル」を、259ドル(約2万4千円)から189ドル(約1万7千円)に値下げした。また、米書店チェーン最大手「バーンズ・アンド・ノーブル」は同社の端末「ヌーク」を、携帯電話網が使える現行モデルを259ドルから199ドル(約1万8千円)に下げ、無線LANだけを使う149ドル(約1万4千円)の廉価版も導入した。
別の米書店チェーン「ボーダーズ」はすでに149ドルの端末を発売している。33社の端末はいずれも画面がモノクロで軽く、書籍を読むことにほぼ特化している。
一方、アップルのiPadは499ドル(約4万5千円)〜と高額だが、高精細なカラー液晶画面を持つため、書籍だけでなく雑誌などを読む人も増えている。
 (Asahi.com 2010年6月22日)
「iPadとKindle」

iPadはもともと、電子書籍の閲覧を主要な用途のひとつとして開発されました。電子ブックや電子インクの技術は10年以上前から提案されていたのですが、なかなか普及しなかったのは、少額の課金決済システムが不十分だったからです。iPadはそれをアップストア(App Store)で解決しました。

アップストアは、アップルが運営する、アプリケーションのダウンロードサービスです。アップルの審査を通過すれば、電子書籍ネット上で販売することができ、売上げの30%をアップルが徴収し、残りを出版社が受け取ることになります。問題のありそうなアプリケーションは、アップルの事前審査で事前に排除されるため、参加者に取っては安心感があるサービスだといわれています。

例えばibooksという電子書籍アプリでは,電子書籍が本物の本のように表現されます。本をめくる感覚をユーザーに抱かせるリアルさは、既存の書籍を好む人々を電子書籍に取り込むのにはよいアイデアだと考えられています。
iPadには、ibooks以外にもさまざまな電子書籍アプリが登場していて、まさに「実験場」と化しています。
アメリカの多くの雑誌出版社も、今のところ、アップストアへのコミットを深めているように見えます。それは、電子書籍で先行したアマゾンの条件があまりに高かったために、アップルの条件がよりましに見えたからだと言われています。
「iPadの雑誌囲い込みは成功するか」

しかしiPadをプラットフォームとして電子出版を考えると、アップルが課す厳しい条件を満たしたアプリを提供し、さらに売上の30%を支払わなければなりません。ユーザー情報の一部は出版社にも提供されることになっていますが、これはあくまでアップルの一方的判断によるもので、実際は、まだ一度も提供されたことはありません。
このような理由から、iPadのことを、オープンなウェブの世界とは隔離されたスティーブ・ジョブズの「帝国」であるとも揶揄する人も少なくないのです。

このような状況の中、アマゾンは、キンドル向け電子出版に支払う印税を、大幅に引き上げ70%にすると発表しました。
目先の利益よりも、競争優位性を保つために、コンテンツ数を確保することが絶対不可欠のものと考えたのです。
かつて日本でも松下電器産業やソニーが電子書籍から撤退してしまった大きな理由は、コンテンツが集まらなかったことにあります。

前へ | 1 | 2 | 3 | 次へ
>>バックナンバー
栗田 亮(くりた まこと)
Tenkai Japan代表
『Cool Japan! カッコイイ*かわいい*たのしい*おいしい*日本を世界に発信』をテーマに、トラベル、ファッション、ショップ、ブランド、イベント等の情報を英語で積極的に発信中。
クールジャパン系の翻訳、通訳、海外マーケティングには定評がある。
英語WEBメディア「Tenkai-japan.com」企画・運営
翻訳、通訳、通訳ガイド、外国語サイト製作・運営サポート、訪日外国人プロモーション、海外マーケティング、JAPANブランドの海外展開支援
SEFA-EVENT(フランス・ジャパンエキスポ主催者)パートナー

ブログ:お客様を海外から呼ぼう! テンカイジャパン
【ご意見・ご質問はこちら
【PC】メールマガジン登録
アパレル業界No.1の情報源!VMD・ブランディングなど専門的な情報をお届け。
>> メルマガ登録はこちら!