アニソンから見える新時代の構図 | 栗田亮のクールジャパン新展開 Vol.7 | コラム | アパレルウェブ

ブックマークする
アパレル・ファッション業界の情報ポータル
栗田亮のクールジャパン新展開
2010.4.27 Vol.7 >>バックナンバー
このエントリーをはてなブックマークに追加
Vol.7 アニソンから見える新時代の構図

空前のアニソンブームの背景

アニメの主題歌や挿入歌であるアニメソング、いわゆるアニソンが、音楽の一ジャンルとしての存在感を増しています。ヒットの基準となる5万枚以上を売り上げたアニソンCDは、2008年の16作から2009年は25作に増加しました。(オリコン調べ)

グーグルで"anime song" を検索すると34,700,000件の記事がヒットします。
国別で見ると、フィリピン、マレーシア、インドネシア、シンガポール、タイ、ベトナム、オーストラリア、カナダ、アメリカ、ニュージーランドといった国々からの検索が多いことがわかります。(Google Trends)

ジャパンエキスポなどの海外のクールジャパンイベントでは、参加者たちがカラオケでアニソンを歌う姿が見られます。
フランス人の男の子たちが「セーラームーン」の主題歌を真剣な面持ちで歌っているのを見るのは不思議なものです。
「耳コピ」で覚えた日本語で上手に歌う若者も少なくありません。

アニソンのファンがあつまるサイトでは、“anime song”の省略形"anison"をタイトルに掲げることが増えています。
“anime”が世界で通じる言葉になったように、“anison”が一人歩きする日もそう遠くなさそうです。

声優出身の水樹奈々は、アニソン人気の象徴的な存在です。2009年に、シングル「深愛」が9.5万枚、「夢幻」が9.2万枚といずれトップ3入り。アルバム「ULTIMATE DIAMOND」は13.5万枚を売上げました。
「HIMEKA ラブアニソン〜歌ってみた〜
http://6109.jp/himeka/
「ジャパンエキスポでアニソンを
熱唱するフランスの若者たち」

日本の音楽業界で10万枚前後のシングルをコンスタントに売り上げる女性歌手は、浜崎あゆみやYUIなど数えるほどしかいません。
その貢献が評価されて、2009年暮れの「NHK紅白歌合戦」に初出場。さらに、2010年1月のオリコンチャートでは、シングル「PHANTOM MINDS」が1位を獲得しました。これは、声優ソロ史上初めての快挙です。


グーグルでの“nana mizuki”の検索状況は、2008年から急増しています。
また、この頃から、“anime song”という一般名詞だけでなく“nana mizuki”といった固有名詞での検索も目立つようになります。
国別で見ると、シンガポール、マレーシア、香港、フィリピン、インドネシア、タイ、日本、台湾、韓国、メキシコといった国々からのアクセスが多く見られます。(Google Trends)


グーグルトレンドによる“nana mizuki”の検索状況グラフ

前へ | 1 | 2 | 3 | 次へ
>>バックナンバー
栗田 亮(くりた まこと)
Tenkai Japan代表
『Cool Japan! カッコイイ*かわいい*たのしい*おいしい*日本を世界に発信』をテーマに、トラベル、ファッション、ショップ、ブランド、イベント等の情報を英語で積極的に発信中。
クールジャパン系の翻訳、通訳、海外マーケティングには定評がある。
英語WEBメディア「Tenkai-japan.com」企画・運営
翻訳、通訳、通訳ガイド、外国語サイト製作・運営サポート、訪日外国人プロモーション、海外マーケティング、JAPANブランドの海外展開支援
SEFA-EVENT(フランス・ジャパンエキスポ主催者)パートナー

ブログ:お客様を海外から呼ぼう! テンカイジャパン
【ご意見・ご質問はこちら
【PC】メールマガジン登録
アパレル業界No.1の情報源!VMD・ブランディングなど専門的な情報をお届け。
>> メルマガ登録はこちら!