ヴィジュアル系の海外進出 | 栗田亮のクールジャパン新展開 Vol.5 | コラム | アパレルウェブ

ブックマークする
アパレル・ファッション業界の情報ポータル
栗田亮のクールジャパン新展開
2010.3.4 Vol.5 >>バックナンバー
このエントリーをはてなブックマークに追加
Vol.5 ヴィジュアル系の海外進出

ヴィジュアル系の光と影

2009年、ヴィジュアル系のロックギタリスト雅-MIYAVI-が、約1ヶ月間にわたるワールド・ツアーを成功させました。日本のマスメディアはほとんど話題にしませんでしたが、ロシアからヨーロッパ、南米、アジアまでを駆け巡る19カ国27の公演は、日本人アーティストとしては前人未到の快挙です。
大物日本人アーティストの海外公演の観客が、ほとんど日本人ばかりだったという笑えない話をよく耳にします。雅-MIYAVI-のように、南米のチリで満員の観客を熱狂させることができる日本人アーティストは何人いるでしょうか。
数千人の観客が日本語で大合唱するなどのライブ会場の様子は、YouTubeで見ることができます。

雅-MIYAVI-は自らを 「 唄って踊れるギタリスト、一応ヴィジュアル系だもんで」(雅 -miyavi- Official Site【オレ様.com】)と規定しています。

ヴィジュアル系(V系)は、化粧をした日本の男性アーティストで、派手な化粧や髪型、衣装など、外見(ヴィジュアル)を最大の特徴とします。音楽雑誌「SHOXX (ショックス)」(1990年星子誠一氏創刊)が、「VISUAL & HARD SHOCK MAGAZINE」というコンセプトを大上段に掲げたことから定着しました。

メディアに露出するきっかけになりやすいというメリットがある反面、「音楽性よりも見た目のインパクトで勝負するバンド」と認知されることを嫌い、ヴィジュアル系に分類されることを否定する(L'Arc〜en〜Cielなど)アーティストも多いのです。

そこで、ヴィジュアル系であるかどうかの判定基準は、
第一に、本人達がヴィジュアル系と意識して活動をしている(または活動した時代があった)こと。
第二に、ファンの大半が広義の「バンギャル」と呼ばれるヴィジュアル系ファンの女性達で構成されていること。(「メメ」ビジュアル系の歴史より
が決め手となります。
雅-MIYAVI-(新オフィシャルサイトより)

雅-MIYAVI-がワールド・ツアーでたくさんの観客を集めることができる背景には、ファンに向けて英語でブログを書くといった、マメなウェブマーケティング活動が隠されています。
類稀なギターテクニックを持ちながら、自らをヴィジュアル系にカテゴライズしている雅-MIYAVI-は、マーケティングの天才かもしれません。

ヴィジュアル系の「元祖」は、X JAPANです。
1982年、千葉県館山市の高校生だったYOSHIKIとTOSHIを中心に結成されたこのバンドの奇行は、多くの“伝説”を残しています。しかし、「目立つ」ための数々の奇行の裏に兼ね備えた確固たる音楽性と演奏力により、X JAPANは90年代初頭にはバンド界のトップに君臨するようになりました。

X JAPAN に影響を受けた、GLAY、L'Arc-en-Ciel、PIERROT、 Dir en greyといったバンドの多くが、その楽曲作りに意外と真摯な態度で臨み、真面目に音楽に取り組んでいることが挙げられます。ヴィジュアル系は音楽でのし上がりたいという強い思いを持ったバンドマンたちの登竜門でもあるのです。

X JAPAN

1998年、「ヴィジュアル系四天王」と呼ばれたSHAZNA、、MALICE MIZER、La'cryma Christi、FANATIC◇CRISISが活躍した時代に、ヴィジュアル系は絶頂期を迎えました。

前へ | 1 | 2 | 3 | 次へ
>>バックナンバー
栗田 亮(くりた まこと)
Tenkai Japan代表
『Cool Japan! カッコイイ*かわいい*たのしい*おいしい*日本を世界に発信』をテーマに、トラベル、ファッション、ショップ、ブランド、イベント等の情報を英語で積極的に発信中。
クールジャパン系の翻訳、通訳、海外マーケティングには定評がある。
英語WEBメディア「Tenkai-japan.com」企画・運営
翻訳、通訳、通訳ガイド、外国語サイト製作・運営サポート、訪日外国人プロモーション、海外マーケティング、JAPANブランドの海外展開支援
SEFA-EVENT(フランス・ジャパンエキスポ主催者)パートナー

ブログ:お客様を海外から呼ぼう! テンカイジャパン
【ご意見・ご質問はこちら
【PC】メールマガジン登録
アパレル業界No.1の情報源!VMD・ブランディングなど専門的な情報をお届け。
>> メルマガ登録はこちら!