クールジャパンブランドの象徴バーバリーブルーレーベル | 栗田亮のクールジャパン新展開 | アパレルウェブ

ブックマークする
アパレル・ファッション業界の情報ポータル
栗田亮のクールジャパン新展開
2010.1.26 Vol.4 >>バックナンバー
このエントリーをはてなブックマークに追加
Vol.4 クールジャパンブランドの象徴バーバリーブルーレーベル

バーバリーブルーレーベル人気の秘密

海外で人気の高い日本ブランドにバーバリーブルーレーベルがあります。

ご存知のように、バーバリーブルーレーベルは、日本の三陽商会がライセンス展開しているブランドです。
もともと三陽商会では、日本人の体格に合わせた「バーバリーロンドン」を1970年からライセンス展開していますが、高価格と重厚なイメージのため、若年に人気のあるブランドとは言えませんでした。

そこで、1996年に富裕層の若者をターゲットに開発されたのがバーバリーブルーレーベルです。 バーバリーの伝統とトレンドを融合させた品のあるモダン・クラシックスタイルを提案する、18-25歳までの女性向けのブランド。当事のイメージキャラクターは、20歳の頃のオードリーヘプバーンやジャクリーンケネディでした。

日本限定ライセンスなので、海外では販売することができません。


Googleでの「BURBERRY BLUE LABEL」画像検索結果

大ブレイクしたきっかけは、安室奈美恵さんが愛用したこと。当事、「アムラー」と呼ばれた彼女のファンの購買意欲はすさまじく、結婚記者会見で安室さんが着用したミニスカートは、翌日に東京中の店から姿を消したという伝説を残しています。
英語によるクールジャパンガイド「テンカイジャパンドットコム」では日本ブランドの紹介をしていますが、バーバリーブルーレーベルは、海外からの検索によるアクセスが極端に多いブランドの一つです。

この2ヶ月間の国別アクセスをグラフで示しました。
シンガポール、香港、台湾、中国、マレーシア。アジア圏からのアクセスが多いことがわかります。

また、「ブランド名」×「地名」 つまり、「BURBERRY BLUE LABEL」×「SAPPORO」といった検索のされ方が多いのです。おそらく、旅行スケジュールの中で、バーバリーブルーレーベルを手に入れることができる場所を調べているのです。

グーグルレンドは、特定のキーワードの検索回数が時間経過に沿ってどのように変化しているかをグラフで参照できるサービスです。
このグーグルトレンドで、「BURBERRY BLUE LABEL」の検索回数を調べてみると、2007年から急激に増えていることがわかります。

アクセス解析―テンカイジャパンドットコム[BURBERRY BLUE LABER]より


グーグルトレンド「BURBERRY BLUE LABEL」の検索回数

2007年は、ビジット・ジャパン・キャンペーンが始まり、訪日外国人数が過去最高の834万9千人(前年比13.8%増)を記録した年でした。 アメリカからの旅行者が減った反面、韓国、台湾、中国、香港、タイ、シンガポール、オーストラリア、カナダ、イギリス、ドイツ、フランスからの観光客は過去最高になりました。(JNTO統計より)

つまり、バーバリーブルーレーベルの検索数の増加は、訪日国人旅行者の増加の時期と平仄を合わせているのです。

前へ | 1 | 2 | 3 | 次へ
>>バックナンバー
栗田 亮(くりた まこと)
Tenkai Japan代表
『Cool Japan! カッコイイ*かわいい*たのしい*おいしい*日本を世界に発信』をテーマに、トラベル、ファッション、ショップ、ブランド、イベント等の情報を英語で積極的に発信中。
クールジャパン系の翻訳、通訳、海外マーケティングには定評がある。
英語WEBメディア「Tenkai-japan.com」企画・運営
翻訳、通訳、通訳ガイド、外国語サイト製作・運営サポート、訪日外国人プロモーション、海外マーケティング、JAPANブランドの海外展開支援
SEFA-EVENT(フランス・ジャパンエキスポ主催者)パートナー

ブログ:お客様を海外から呼ぼう! テンカイジャパン
【ご意見・ご質問はこちら
【PC】メールマガジン登録
アパレル業界No.1の情報源!VMD・ブランディングなど専門的な情報をお届け。
>> メルマガ登録はこちら!