世界に好かれている『日本』 | 栗田亮のクールジャパン新展開 Vol.2 | コラム | アパレルウェブ

ブックマークする
アパレル・ファッション業界の情報ポータル
栗田亮のクールジャパン新展開
2009.11.26 Vol.2 >>バックナンバー
このエントリーをはてなブックマークに追加
Vol.2 世界に好かれている『日本』

世界に好かれている『日本』

「カワイイ大使」のプロデューサー櫻井孝昌氏が新しく本を出しました。
『世界カワイイ革命〜なぜ彼女たちは「日本人になりたい」と叫ぶのか』(PHP新書)です。

<二十一世紀に入って世界にもっとも広まった日本語は何か。それはまちがいなく「カワイイ」。
ロリータ服で地下鉄に乗るフランス人に、なんちゃって制服に身を包んだタイ人と、世界じゅうの女の子が「原宿ファッション」をカワイイと支持しはじめた。>

<日本に集まる羨望のまなざし。「東京は聖地」と断言する者から、「日本人の鼻はかっこいい」「黒髪がうらやましい」と語る者まで、日本がこれほどまでに愛されていることを、当の日本人だけが知らないでいる。 目の前に転がっているビジネスチャンス。不況脱出のカギは「カワイイ」にあり。>

外務省の「アニメ文化外交に関する有識者会議委員」である櫻井氏が、「カワイイ大使」を引き連れて、世界を廻る中での出来事が綴られています。

<日本人は日本が世界に好かれていることを知らない。>
<日本は、ポップカルチャーにしても伝統文化にしても、日本にしかないオリジナルなものをたくさんもっています。私も好きなアニメがかぞえきれないほどあるし、ファッションもそうです。
でも、日本人全体になると、なぜかイメージがぼんやりしてしまうのが不思議です。>
<日本人には、総体的に見た場合、自国が生み出した新しい文化をなかなか認めたがらない傾向があります。外国に認められてはじめてその魅力を意識することが多いのではないでしょうか>
という櫻井氏のメッセージは、私自身の体験とも重なります。
 


カワイイ大使の青木美沙子さん(左)
木村優さん(中)と櫻井孝昌さん(右)
(2009年7月7日 AP ローマ)

クールジャパンで儲けているのは…。

2009年、パリ・ジャパンエキスポは16万5千人を集めました。わずか3500人で始まったイベントが、10年でフランスでも有数の大イベントに成長したのです。これは、フランスのイベント史においても大事件なのだそうです。
“ジャパン”を冠にした民間のイベントに、これだけのフランスの若者が集るということに、あらためて驚きを感じます。



背景には、70年代後半から世界進出を始めた日本アニメを見て育った世代が、大人になり始めたということにあります。
アニメを基点として、マンガ、日本語、ファッション、音楽、食、伝統文化・・・。彼らのJAPANへの興味はどんどん広がっているのです。

フランスに限らず、誰が仕掛けたわけでもない日本ブーム「クールジャパン」は、世界中で爆発的に拡大しています。

ところが、国内で生活をしている限り、この現象を実感することほとんどありません。
マスメディアも断片的にしか報道しませんし、なにより、クールジャパンを上手にビジネスに活かしている日本企業が、まだ数少ないからです。

ジャパンエキスポの会場に身をおいてみると、ここでジャパンをテーマにお金を儲けているのは、中国系、韓国系といった日本人以外のアジアの人びとだということを実感します。
松下幸之助に知られたら「ホンマとろいな!」と、叱られそうな光景なのです。

前へ | 1 | 2 | 3 | 次へ
>>バックナンバー
栗田 亮(くりた まこと)
Tenkai Japan代表
『Cool Japan! カッコイイ*かわいい*たのしい*おいしい*日本を世界に発信』をテーマに、トラベル、ファッション、ショップ、ブランド、イベント等の情報を英語で積極的に発信中。
クールジャパン系の翻訳、通訳、海外マーケティングには定評がある。
英語WEBメディア「Tenkai-japan.com」企画・運営
翻訳、通訳、通訳ガイド、外国語サイト製作・運営サポート、訪日外国人プロモーション、海外マーケティング、JAPANブランドの海外展開支援
SEFA-EVENT(フランス・ジャパンエキスポ主催者)パートナー

ブログ:お客様を海外から呼ぼう! テンカイジャパン
【ご意見・ご質問はこちら
【PC】メールマガジン登録
アパレル業界No.1の情報源!VMD・ブランディングなど専門的な情報をお届け。
>> メルマガ登録はこちら!