なぜ、いま「クールジャパン」なのか | 栗田亮のクールジャパン新展開 Vol.11 | コラム | アパレルウェブ

ブックマークする
アパレル・ファッション業界の情報ポータル
栗田亮のクールジャパン新展開
2010.12.1 Vol.11 >>バックナンバー
このエントリーをはてなブックマークに追加
Vol.11 なぜ、いま「クールジャパン」なのか

新成長戦略「クールジャパン」

6月に政府が発表した新成長戦略に「クールジャパン」という言葉が初めて盛り込まれました。11月2日に各界の著名人を集めた「COOL JAPAN TOKYO-CONFERENCE」が開催され、11月19日には「クールジャパン有識者」が経済産業省主催で開催されました。経産相は、初会合で「クールジャパンのもつ潜在力を経済成長に結びつけて発展させたい」と挨拶しています。

いまなぜ、「クールジャパン」が注目されているのでしょうか。
日本には海外から高く評価されている文化―いわゆる「クールジャパン」があります。アニメ、マンガ、ゲーム、音楽、ファッション、食品、日用品、観光などは、海外展開の大きな力となると期待されてきました。しかし、現状はその魅力を競争力強化に取り込めていない。さらに、韓流「クールコリア」の人気がアジア市場で先行し、日本の得意分野での市場獲得競争にも影響が出はじめている。
「クールジャパン」の人気がビジネスに結びついていないという現実があるのです。


11月2日に青山で開催された「COOL JAPAN TOKYO-CONFERENCE」

象徴的な事例として、毎年夏にフランス・パリで開催されている「ジャパンエキスポ」があります。
十年前に3200人の来場者で始まったこのイベントは、今年17万人以上を集めるヨーロッパでも有数の規模のイベントに成長しました。
日本を「冠」にしたイベントに集まるフランスの若者たちが、日本風ファッションに身を包み、たこ焼きやプリクラに行列する姿を見ると驚かされます。


そして、さらに驚くことは、実際にそこで商売している東洋人たちが中国、韓国、ベトナム系などの人たちだということ。日本人の姿が極めて少ないのです。
ここ数年で、同じようなイベントは、最近、ヨーロッパ各国、アメリカ、アジアなどでもさかんに開催されるようになりました。規模はさまざまですが、どの会場でも、日本人の姿はあまり多くありません。
「クールジャパン」は日本人の知らないところで花開いているのです。

「クールジャパン」を一番知らないのは日本人

今世界中で、子供の頃から日本のアニメを見て育った世代が大人になりつつあります。アニメが「カタログ」の役目を果たし、彼らは、日本語、音楽、ファッション、日本食、武道、伝統芸能と連想ゲームのように興味を広げています。日本人が気づかない間に、日本にシンパシーを感じる若物が世界中に増えているのです。
その中心層である高校生から大学生にとっては、ホンモノの日本製品は高値の華です。
日本の学生と違って、あまりアルバイトしない彼らは自由になるお金が豊富ではありません。

その分インターネットでの情報交換が活発になります。「クールジャパン」は、インターネット上に、英語などを中心とした外国語を通じて広がっています。年に1度開かれるイベントはその「オフ会」だとも言えます。ソーシャルメディアが一般化しリアルとバーチャルの両方の人間関係が融解しつつある、極めて現代的な現象なの一端なのだと思います。

ところが「ネット」と「外国語」の組み合わせに、抵抗感を持つ日本人は少なくありません。「本家」は日本だというプライドもあってか、ネットコミュニティにも積極的に入りません。将来のロイヤルカスタマーを育てる努力を怠っている。「クールジャパン」を一番知らないのは、実は日本人だと言えます。


ジャパンエキスポ〜日本人不在で活発化する「日本」イベント

そんな日本を尻目に、韓国は97年から官民一体となった「クールコリア」を展開しています。 韓流ブームでブランドイメージを確立し、ファッション、コンテンツ、消費財を一体化してアジア市場に売り込む戦略です。
李明博大統領は「国家ブランド委員会」を設置して戦略的な文化産業育成をはじめています。韓流ブースが(ある意味、臆面も無く)「ジャパンエキスポ」に出店しているのもその反映です。国を挙げて、日本が稼げる分野を切り崩しているのです。

前へ | 1 | 2 | 次へ
>>バックナンバー
栗田 亮(くりた まこと)
Tenkai Japan代表
『Cool Japan! カッコイイ*かわいい*たのしい*おいしい*日本を世界に発信』をテーマに、トラベル、ファッション、ショップ、ブランド、イベント等の情報を英語で積極的に発信中。
クールジャパン系の翻訳、通訳、海外マーケティングには定評がある。
英語WEBメディア「Tenkai-japan.com」企画・運営
翻訳、通訳、通訳ガイド、外国語サイト製作・運営サポート、訪日外国人プロモーション、海外マーケティング、JAPANブランドの海外展開支援
SEFA-EVENT(フランス・ジャパンエキスポ主催者)パートナー

ブログ:お客様を海外から呼ぼう! テンカイジャパン
【ご意見・ご質問はこちら
【PC】メールマガジン登録
アパレル業界No.1の情報源!VMD・ブランディングなど専門的な情報をお届け。
>> メルマガ登録はこちら!