“ドーリーちゃん”は新しいライフスタイルの潮流である! | 小山隆のストリートはランウェイだ!Vol.3| コラム

ブックマークする
アパレル・ファッション業界の情報ポータル
ストリートリサーチの鬼!小山隆のストリートはランウェイだ1
2009.9.8 Vol.3>>バックナンバー
このエントリーをはてなブックマークに追加
Vol.3“ドーリーちゃん”は新しいライフスタイルの潮流である!

“ドーリーちゃん”は新しいライフスタイルの潮流である!  

▼連載のテーマ
小山隆(こやま りゅう)です。よろしくお願いいたします。
「ストリートはランウェイだ!」では、ファッション・デザイナーがライフワークとして実施しているストリートリサーチの視点から、時代感・ユーザーの気分を読み解こうとするものです。

私の実施しているストリートリサーチは「人」、「店頭ディスプレイ」の2つの視線があり、このコラムもそのように構成する予定です。

“ストリート・人” からライフスタイルに関わる新しい潮流を捉まえ、“店頭ディスプレイ”で単に現象面のみにとらわれず戦略的にメッセージとして発信できているか?をチェックします。

“店頭ディスプレイ”というメディアは、感覚的消費≒ビジュアル表現の時代において今まで以上に重要な意味を持つと私は考えています。

店頭から発信されるビジュアル表現の実態を足がかりに、「人」と「店頭ディスプレイ」 双方を比較し、最終的には、どのような商品・サービスが表現として不足しているか?をあぶりだすのが目的です。

★ “ドーリーちゃん” は新しいライフスタイルの潮流である

▼今回のテーマ
コラム3回目は、前回提議した“非日常的感覚”に関連した内容で、“ドーリーちゃん”という新しいファッション・スタイルのテーマについての考察です。
当初は、ごく一部のマニア層から発生したスタイル・トレンドでしたが、“ガーリー・ファッション”というメジャー級トレンドの追い風が吹いたことで追従者(フォロワー)の幅が広がってきたように思います。

また、“ニッチ、マニアック市場”という消費トレンドが、今以上にマスコミ等でクローズアップされてくることによって、その存在がより際立ってくると予想しています。“ドーリーちゃん”は、その進化のストーリーとともに、新しいライフスタイルを広く提案できる大きな可能性を秘めたスタイル・テーマだと思っています。

★ ドーリーちゃんを知ろう

▼ドーリーちゃんとは?
渋谷電脳リサーチ(*注1)の造語です。
ドール(人形)をファッションとして身に付けている女の子たちのことを指します。アンティークドール、アメリカントーイ、ブランドマスコット、アニメキャラクターなど、ドール(人形)を抱いたり、手に持って街を歩きます。また人形の形をしたバッグを手に持ったり、大ぶりの人形やマスコット型キーホルダーを多数、身に付けている子たちもその範囲とします。実際はファッションテイストによって身につけるドールが細分化されますが、今回は広義で“ドーリーちゃん”とします。

▼発生源は何か?
起源は諸説あると思いますが、“幼児がお人形を抱く姿”の連想を具現化したロリータファッションの子たちに発生源があったのではないでしょうか。
その後、ガーリー・ファッショントレンドの到来とともに、”お人形を抱く姿”は、ガーリー(小さな可愛い女の子)の象徴として解釈され、拡大して行った…というのが私の見方です。私がストリートを眺めてきたのと同じくらいの時間、10数年の歳月をかけて現在の状況があるのだと思います。



前へ | 1 | 2 | 3 | 次へ
>>バックナンバー
  小山 隆(こやま りゅう)  デザイナー・ディレクター

”ストリートはランウェイだ!”を合言葉に、13年にわたりストリート・ファッションのリサーチを行っている。 2000年に自主サイト”渋谷電脳リサーチ”を公開、ストリートから未来のトレンドを予測・デザインしている。
ブログ : ストリートリサーチの鬼!
メルマガ[東京ショーウインドー速報! マネキンで解説する最新のファッションレポート ]
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

ショーウィンドー速報の会員制サイトお申し込みはこちら>>STB MEMBERS
【PC】メールマガジン登録
アパレル業界No.1の情報源!VMD・ブランディングなど専門的な情報をお届け。
>> メルマガ登録はこちら!