WALL ON VISION in SINGAPORE レポート | 小山隆のストリートはランウェイだ!Vol.7 | コラム

ブックマークする
アパレル・ファッション業界の情報ポータル
ストリートリサーチの鬼!小山隆のストリートはランウェイだ1
2010.2.18 Vol.7 >>バックナンバー
このエントリーをはてなブックマークに追加
Vol.7 WALL ON VISION in SINGAPORE レポート

シンガポールのファッションイベントに“WALL ON VISION(ウォールオンビジョン)”というストリートアートで参加させていただきました。
WALL ON VISIONとは、本来のデザインの仕事とは異なるアート活動です。なぜこのような活動に力を入れようとしているのか?また、その先に何が見えるのか?(何を求めているのか)をお話したいと思います。

★ W.O.V (WALL ON VISION)とは?

W.O.Vとは、"東京ストリートファッション"を題材としたアート活動です。
異業種のクリエイターズコラボレーションによって映像・音楽・フォト・ドールなどを使い旬の東京ストリートファッションを表現しようとするものです。

今回の作品(予告編のみ公開しています)
http://apalog.com/street_research/archive/1227

東京ストリートファッションの本質は、コーディネートの面白さにあると思います。
東京にはたくさんのオピニオンリーダーたちが存在し、彼らの発信する“常識を超えた勇気あるコーディネート力”こそクリエイティブの源泉だと思います。
彼らの興味は、音楽、ファッション、レジャー、スポーツ、ホビー…様々なジャンルが交錯し、その結果として独自のライフスタイルが構築されているように感じます。

★ 活動の目的

“ストリートはランウェイだ!” は、私のクリエイターとしての指針になっています。私がストリートに見るクリエイションとは、アーティストからユーザーへ、新しいスタイルを発信することではなく、ユーザーからユーザーへ、新しい使い方を発信することなのかもしれません。
従来のファッションビジネスがピラミッド型とするならばストリートファッションはピラミッド型と逆ピラミッド型の混合だと思います。

ストリートはさながら実験室のようで、ユーザーが基点になった新しい価値創造ルートです。

ユーザーに元も近い存在がショップスタッフさんで、人間味にあふれた人格の持ち主や個性的な着こなしテクニックなどを武器に一部の人達の間では強い影響力を持つ人物も多く存在しています。

たとえばストリートリサーチをしていて、注目のルックスの源流をたどると、そのようなファンに支えられたショップやショップスタッフさんの存在にたどりつきます。
リサーチを重ねると3つの共通項が浮かび上がってきました。

1-流行のスタイルにはルーツがある
2-ニッチなマーケットとそれらを支えるファンがいる
3-ニッチマーケットでも外国人観光客の売り上げ比率が伸びている

W.O.Vは、これらストリートファッションを支えるユーザーと、ショップやショップスタッフさんにスポットをあてて作品づくりを行い、人々の関心を集める仕事の1役となればと思っています。
その結果として、購買行動へと結びつけられれば東京ストリートファッションという文化の持続的な発展に多少なりとも寄与できるのではないかと思いはじめたんです。




★ 作品の意図

1−ストリート≒ランウェイ
キャットストリート(裏原宿)をランウェイ(ファッションショーの舞台)に見立て素人モデルたちがキャットウォークします。
私が注目している3つのファッションスタイルをピックアップし、発信源となっているショップの販売員さんにモデルとして登場してもらいました。

スタイルテーマ-1 “ポップガール”
ショップ名 :6%dokidoki
出演者:Yukaさん、Vaniさん
説明 :80年代のポップファションに通じる元気で明るい女の子たちのイメージ。
彼女等自身がファッションドールで、ショップの顔なんですね。
いまや原宿ポップファッションの代表的存在になっているようです。“元気カジュアル系”ファッションのエッジーな形態のひとつと捉えています。

スタイルテーマ-2 “アンティークガール”
ショップ名 :Grimoire
出演者:野村さん
説明 :森ガールの究極形?・・・などと言ったら、きっと怒られますね。
ショップは渋谷のちょっとわかりにくい雑居ビルの一室にあります。店内に1歩踏み入れると不思議の森に迷い込んだような空間が広がります。。。アンティークドールのディスプレイが強烈なインパクトをあたえます。
どうやって調べたのか、外国人観光客の来店購入も増えているそうです。“ナチュラル系” ファッションのエッジーな形態のひとつと捉えています。

スタイルテーマ-3 “アバンギャルド”
ショップ名 :Dog
出演者:藤井さん
説明 :80年代調ストリートモードの代表選手としてピックアップさせてもらいました。
このショップは80年代のデザイナーズ古着やボンデージをミックスしたアンダーグラウンドな感覚が魅力です。オリジナルリメイクやセレクト品もあり、ビヨンセが来日したとき、ステージ衣装として大量購入したというトピックがあります。
“モード系”ファッションのエッジーな形態のひとつと捉えています。

前へ | 1 | 2 | 次へ
>>バックナンバー
  小山 隆(こやま りゅう)  デザイナー・ディレクター

”ストリートはランウェイだ!”を合言葉に、13年にわたりストリート・ファッションのリサーチを行っている。 2000年に自主サイト”渋谷電脳リサーチ”を公開、ストリートから未来のトレンドを予測・デザインしている。
ブログ : ストリートリサーチの鬼!
メルマガ[東京ショーウインドー速報! マネキンで解説する最新のファッションレポート ]
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

ショーウィンドー速報の会員制サイトお申し込みはこちら>>STB MEMBERS
【PC】メールマガジン登録
アパレル業界No.1の情報源!VMD・ブランディングなど専門的な情報をお届け。
>> メルマガ登録はこちら!