ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)|東京コレクション 2013ss | アパレルウェブ

Follow apparelweb on Twitteryoutube apparelwebfacebook pparelweb
アパレル・ファッション業界の情報ポータル
アパレルウェブ | コレクション | ブログ | ストリートスナップ | ファッション | アパレル系求人 | ビジネス情報 | イベントスペース | テキスタイルネット
ジュンオカモト
(JUN OKAMOTO)
コレクションTOP(Collection Top) > 2013春夏 東京コレクション(Tokyo Collection) > ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)
ジュンオカモト(JUN OKAMOTO) 「JUN OKAMOTO(ジュンオカモト)」の2013年春夏コレクションが発表された。テーマは「花/風船/雨男」。自身のブログで綴ってきた「彼・彼女」が登場人物のファンシーではかない物語を服に落とし込んだ。

 ショーはランウェイの中央に円形に敷かれた花のカーペットの上で繰り広げられるダンスで始まった。物語の主人公である彼女の幼い頃を現し、全身でゆったりとたっぷりと、彼女の感性の豊かさを表現し、これから始まる”魅せる”ショーを予感させる。

 大きな花弁の傘をさして登場したのは、優しい雨男の彼。それを追うように彼女。ホワイトで統一されたルックに主張しない色が添えられた。その後も彼、彼女の服がリンクするように展開された。

 彼の服はゆったりとしたシルエットのトップスに、やや細めのパンツというスタイルが提案された。カラーはホワイト、グレー、ブラックをメインに展開し、ブルー、マスタードが主張し過ぎない彩度でアクセントを加えた。
Tシャツ、シャツ、ジャケットへと展開されたルックは、シンプルなデザインと素材の落ち感が少年性を見せる。パンツのロールアップや、袖をまくったスタイリングが提案され、リラックスしナチュラルでいる彼を表現した。

 彼女の服はブラウス、スカート、シャツなどを軽い素材感でフェミニンに仕上げた。取り入れやすいシンプルなスタイリングは、ホワイトをメインとしたクリーンなラインナップにトーンを落としたイエロー、ピンク、ブルーが柔らかく彩る。
その後カラーをブラックに移した立体的なルックでは、ウエストラインを作り大人の要素が見られ、終盤は縦のラインを強調するワンピースへと展開された。裾のフリルやフレアなシルエットがエレガントさを垣間見せた。ラストは今回の物語をイメージした風船の鮮やかなプリントが登場しホワイトとのコントラストが美しく、物語のハッピーエンドを予感させた。

 初となる東京コレクションでもあり、またパルコのマイクロファンド出資先ブランドにも選出され、注目を集めていた今回のコレクション。デザイナーの岡本氏は「多くの方に後押しをしてもらってこのような発表ができた。コレクションはこれ一回きりとは思っていなく、今後も継続してやっていきたい。」と語った。

公式サイト :http://www.junokamoto.com/
Photo by Ko Tsuchiya
ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)ジュンオカモト(JUN OKAMOTO)