アトウ(ato)|東京コレクション 2013ss | アパレルウェブ

Follow apparelweb on Twitteryoutube apparelwebfacebook pparelweb
アパレル・ファッション業界の情報ポータル
アパレルウェブ | コレクション | ブログ | ストリートスナップ | ファッション | アパレル系求人 | ビジネス情報 | イベントスペース | テキスタイルネット
アトウ
(ato)
コレクションTOP(Collection Top) > 2013春夏 東京コレクション(Tokyo Collection) > アトウ(ato)
アトウ(ato)  「BRIGHT(ブライト)」を今回のコレクションテーマとした『ato(アトウ)』。突然会場が暗闇に包まれると、スポットライトが3人のモデルを照らし出した。

 ファーストルックは、アースカラーや薄いグレーをベースとした、オールカラーで爽やかな印象。ゆったりとしたボトムスに、大きめのリュックを背負ったスタイルは、ワークカジュアルな雰囲気を醸し出した。ナイロン地の光沢のある薄手のライダースブルゾンは、ネイビーやベージュと落ち着いたカラー。袖にレザーの様な異素材を使用したり、パンツにブライトなオレンジを用いたりと、アクセントをつけた。丈の短いトレンチコート等は、ドレープが流れる自然なラインを生み出した。首回りが大きく開いたゆったりめのブルゾンに、膝上のハーフパンツやコンパクトなパンツを合わせ、上下のバランスを上手く調節。またオールブラックやサファリ調のメンズらしい、クールなアイテムも揃った。

 中盤には、デニムを取り入れたルックが出現。ここでも上下の色を統一し、薄いベージュのフェイクスエードをあしらう事で、ヴィンテージ風の表情もうかがえた。

 終盤はこれまでの雰囲気から一変し、ジャケットに、細いネクタイを身につけた、紳士的なルックに。ダブルブレストに見せかけた一つボタン合わせのジャケットに、ウエスト周りをマークしたデザインやディティールが、フォーマルになり過ぎない、少し外しの効いた大人なスタイルを生み出した。濃淡がはっきりした、軽やかなグリーンのトレンチコートがランウェイを彩りショーはフィナーレを迎えた。

 全体的には、「ato(アトウ)」の定番アイテムを基に、ルーズにきめる素材やベーシックな色で、ユニセックスの様に仕上げた内容。パンツには全てゴムベルトを使用し、イージーに履けるリラックス感を重視した。

 最後にデザイナーの松本与氏は、「その人に合ったワードローブを引き出す手助けをしていきたい」と語った。

公式サイト :http://www.ato.jp/
Photo by Koji Hirano
Text by Manami Tamaki
アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)アトウ(ato)