ラグ&ボーン(rag & bone)|ニューヨークコレクション 2013ss | アパレルウェブ

Follow apparelweb on Twitteryoutube apparelwebfacebook pparelweb
アパレル・ファッション業界の情報ポータル
アパレルウェブ | コレクション | ブログ | ストリートスナップ | ファッション | アパレル系求人 | ビジネス情報 | イベントスペース | テキスタイルネット
ラグ&ボーン
(rag & bone)
コレクションTOP(Collection Top) > 2013春夏 ニューヨークコレクション(NewYork Collection) > ラグ&ボーン(rag & bone)
ラグ&ボーン(rag & bone) 2002年にデービッド・ネビルとマーカス・ウェインライトによって立ち上げられてから現代に至るまで、不動の人気を誇るラグ アンド ボーン。2013s/s コレクションは、アイコニックなバイカースタイルで会場を沸かせた。

 1979年に始まった自動車ラリー競技大会である「パリダカール・ラリー」を見て育ったマーカスの思い出を辿ったアイデアから全てが始まったこの企画。砂漠などを飛ぶように走ることから「世界一過酷」と称されるレースからインスパイアされたと、インタビュー時には少年心ものぞかせた。

 長さ違いのコートやシャツ、スカートを幾重にも重ね、得意のレイヤースタイルでブランドらしさを表現。所々ブラックレザーのアイテムを合わせることでバイカーの力強さを感じさせつつ、ほかと差のつくスタイリング力で勝負に出た。柔らかいコットン素材でカジュアル感、レースやブラトップ見せで女性らしさを醸し出しながらも、ビックシルエットのコートでカジュアルダウン。抜かりなく計算されたコーディネートの数々は流石、アメリカを代表するトップブランドの一つとしてのプライドを見せた。

公式サイト :http://www.rag-bone.com/
Photo by Ming Han Chung
Text by Ayano Ishihara
ラグ&ボーン(rag & bone)ラグ&ボーン(rag & bone)ラグ&ボーン(rag & bone)ラグ&ボーン(rag & bone)ラグ&ボーン(rag & bone)ラグ&ボーン(rag & bone)ラグ&ボーン(rag & bone)ラグ&ボーン(rag & bone)ラグ&ボーン(rag & bone)ラグ&ボーン(rag & bone)ラグ&ボーン(rag & bone)ラグ&ボーン(rag & bone)ラグ&ボーン(rag & bone)ラグ&ボーン(rag & bone)ラグ&ボーン(rag & bone)ラグ&ボーン(rag & bone)ラグ&ボーン(rag & bone)ラグ&ボーン(rag & bone)ラグ&ボーン(rag & bone)ラグ&ボーン(rag & bone)ラグ&ボーン(rag & bone)ラグ&ボーン(rag & bone)ラグ&ボーン(rag & bone)ラグ&ボーン(rag & bone)ラグ&ボーン(rag & bone)ラグ&ボーン(rag & bone)ラグ&ボーン(rag & bone)ラグ&ボーン(rag & bone)ラグ&ボーン(rag & bone)ラグ&ボーン(rag & bone)ラグ&ボーン(rag & bone)ラグ&ボーン(rag & bone)ラグ&ボーン(rag & bone)ラグ&ボーン(rag & bone)ラグ&ボーン(rag & bone)ラグ&ボーン(rag & bone)