アンリアレイジ(ANREALAGE)|東京コレクション 2013AW | アパレルウェブ

Follow apparelweb on Twitteryoutube apparelwebfacebook pparelweb
アパレル・ファッション業界の情報ポータル
アパレルウェブ | コレクション | ブログ | ストリートスナップ | ファッション | アパレル系求人 | ビジネス情報 | イベントスペース | テキスタイルネット
アンリアレイジ
(ANREALAGE)
コレクションTOP(Collection Top) > 2013秋冬 東京コレクション(Tokyo Collection) > アンリアレイジ(ANREALAGE)
アンリアレイジ(ANREALAGE)サプライズに満ちた色のギミック

 ブランド創設から10年の節目を迎えた「ANREALAGE(アンリアレイジ)」は色でサプライズを仕掛けた。だが、奇抜な色やヴィヴィッドカラーを打ち出したわけではない。光線を浴びて色が変わる特殊な染料を用いて、色が移ろうトランスカラーの装いを発明。大勢が見ている目の前で色が現れるという、息を呑む劇的な演出で来場者を未体験ゾーンに引き込んだ。

 テーマはストレートに「COLOR」を掲げた。色を主役に据える意味からも、フォルムは割とシンプルな形を選んだ。色の乗せ方に目配りが行き届かせ、バッグの端だけ色を変えたり、チェック柄や水玉模様の一部だけに色を付けたりと、色を操った。

 陽射しや空は1日のうちでも色が変わるのは当たり前なのに、どうして服はずっと同じ色であり続けるのかという疑問に「服の色も変わっていいじゃないか」という答えを用意。実際に作品へ落とし込んでみせた。

 白衣のように真っ白い服を着たモデルが現れた。ランウェイの中央に立つと、ついさっきまで純白だったはずの服がピンクや水色に様変わり。手品のような色の出現に、思わず「えっ」と声が出る。その後も文字通りの意味で「色づく服」が繰り返しランウェイを色めかせた。

 色が乗る瞬間は、まるでモノクロ写真がカラー写真にスイッチするよう。自然光のような光を浴びると色がつき、屋内では再び元に戻るそうだ。色を着たり脱いだりするような仕組みは、光に反応して色を変えるフォトクロミックというテクノロジーのたまもの。特殊な技術で糸や革を染め、ドラマチックな色のストーリーを仕込んだ。

 ジャケットの襟やポケットだけ色を変えたり、靴の前半分だけを赤く彩ったりと、変幻自在のカラーブロックを披露した。ボタンだけ別色に染めるディテールは装いにリズムをもたらしていた。

 クリームホワイトで清楚なムードのカーディガンがいきなりネオンパステルのボーダー柄に化ける。無彩色だったはずのパンツアンサンブルに突然、ピンクの千鳥格子が重なる。こんなマジカルな色のギミックは、これまでのおしゃれに存在しなかった新しい扉を開く。

 1着の服にもう1つの表情を眠らせておくという着想はファッションの常識を書き換える破壊力を秘める。分子レベルにまでさかのぼって、クリエーションの可能性を探る森永邦彦デザイナーのアプローチは、「ANREALAGE」にとって10年が通過点であり、打ち破りがいのある既成のルールや約束事がまだまだたくさん残っていることを、あらためて教えてくれた。

公式サイト : http://www.anrealage.com/
Photo by Koji Hirano
Text by Rie Miyata
アンリアレイジ(ANREALAGE)アンリアレイジ(ANREALAGE)アンリアレイジ(ANREALAGE)アンリアレイジ(ANREALAGE)アンリアレイジ(ANREALAGE)アンリアレイジ(ANREALAGE)アンリアレイジ(ANREALAGE)アンリアレイジ(ANREALAGE)アンリアレイジ(ANREALAGE)アンリアレイジ(ANREALAGE)アンリアレイジ(ANREALAGE)アンリアレイジ(ANREALAGE)アンリアレイジ(ANREALAGE)アンリアレイジ(ANREALAGE)アンリアレイジ(ANREALAGE)アンリアレイジ(ANREALAGE)アンリアレイジ(ANREALAGE)アンリアレイジ(ANREALAGE)アンリアレイジ(ANREALAGE)アンリアレイジ(ANREALAGE)アンリアレイジ(ANREALAGE)アンリアレイジ(ANREALAGE)アンリアレイジ(ANREALAGE)アンリアレイジ(ANREALAGE)アンリアレイジ(ANREALAGE)アンリアレイジ(ANREALAGE)アンリアレイジ(ANREALAGE)アンリアレイジ(ANREALAGE)アンリアレイジ(ANREALAGE)アンリアレイジ(ANREALAGE)アンリアレイジ(ANREALAGE)アンリアレイジ(ANREALAGE)アンリアレイジ(ANREALAGE)アンリアレイジ(ANREALAGE)アンリアレイジ(ANREALAGE)アンリアレイジ(ANREALAGE)アンリアレイジ(ANREALAGE)アンリアレイジ(ANREALAGE)アンリアレイジ(ANREALAGE)アンリアレイジ(ANREALAGE)アンリアレイジ(ANREALAGE)アンリアレイジ(ANREALAGE)アンリアレイジ(ANREALAGE)アンリアレイジ(ANREALAGE)アンリアレイジ(ANREALAGE)アンリアレイジ(ANREALAGE)アンリアレイジ(ANREALAGE)アンリアレイジ(ANREALAGE)アンリアレイジ(ANREALAGE)アンリアレイジ(ANREALAGE)アンリアレイジ(ANREALAGE)アンリアレイジ(ANREALAGE)アンリアレイジ(ANREALAGE)アンリアレイジ(ANREALAGE)アンリアレイジ(ANREALAGE)アンリアレイジ(ANREALAGE)アンリアレイジ(ANREALAGE)アンリアレイジ(ANREALAGE)アンリアレイジ(ANREALAGE)アンリアレイジ(ANREALAGE)アンリアレイジ(ANREALAGE)アンリアレイジ(ANREALAGE)アンリアレイジ(ANREALAGE)アンリアレイジ(ANREALAGE)アンリアレイジ(ANREALAGE)アンリアレイジ(ANREALAGE)アンリアレイジ(ANREALAGE)