MAISON RABIH KAYROUZ(メゾン ラビ カイルー) | 2010-11秋冬 パリコレ・オートクチュールコレクション | アパレルウェブ

Follow apparelweb on Twitteryoutube apparelwebfacebook pparelweb
アパレル・ファッション業界の情報ポータル
Brand : MAISON RABIH KAYROUZ(メゾン ラビ カイルー)  http://www.maisonrabihkayrouz.com/
Comment : レバノン人ファッションデザイナーのRabih Kayrouzが、ファッションの勉強のためパリに来たのは彼が16歳の頃。
DiorやChanelのアトリエで修行した3年後にはルーブルでファッションショーを行う程の実力の持ち主だ。
今回のコレクション名は ”Salwa”。 アラブ女性の名前で”慰め”を意味する。
中東と西洋の影響を受けた、Rabih Kayrouzのルックは鮮やかな原色のみ、モチーフやプルントを使用せずに、真っ直ぐデザインだけで女性美と慰めを表現する。   (Photographed and Written by Koji Hirano
<< オートクチュール ブランド一覧に戻る (Hautecouture Collection Top)
<< コレクションTOPに戻る (Collection Top)
※写真をクリックすると、拡大画像が見られます。
   
         
   
         
   
         
   
         
   
         
   
         
     
         
         
        Photographed and Written by Koji Hirano